平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(12)解説

(12)逆接条件の表現

 条件文は前件と後件との関係で4つに分けられます。

仮定条件 前件の真偽が未定 明日天気が良いなら、遊びに行こう。
確定条件 前件が発生する可能性が100% 2時になったら出発しよう。
事実条件 後件が既に実現 家に帰ったら、すぐ倒れ込んだ。
反事実条件 実際には起こらなかったことを
もし起こっていればどうなっていたかということを述べる
あの時告白していたら、付き合えていたかもしれない。

 1 仮定条件
 2 仮定条件
 3 事実条件
 4 仮定条件
 5 仮定条件

 選択肢3だけ後件が実現している事実条件です。
 したがって答えは3です。





2020年9月16日平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説