平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(13)解説

(13)副詞の呼応

 副詞とは、単独で活用はせず、動詞、形容詞、形容動詞などの用言を修飾する語のことです。副詞の意味による分類では様態副詞、程度副詞、陳述副詞の3つに分けられます。

様態副詞
情態副詞
動詞を修飾し、その動作がどのように起こったかを表すもの。擬態語、擬音語、擬声語、一部の畳語もこれに含まれる。そのうち、動きの量や人の量などを表す副詞を量副詞と分類することもある。
陳述副詞 述語の陳述に呼応して用いられるもの。また、話し手の伝達的態度や事態に対する認識、評価を表すもの。必ず、もし、たとえ、たぶん、なぜ…
程度副詞 形容詞などの状態性の語を修飾してその程度を表すもの。たいへん、とても、すごく…

 このうち陳述副詞は、述語の陳述に呼応して用いられるタイプの副詞です。
 例えば「決して~ない」「必ずしも~とは限らない」「きっと~だろう」「どうぞ~ください」「まるで~ようだ」などなど… ある語が別のある語と一緒に現れることを呼応と呼んでいます。

 1 否定表現の呼応 いまだ~ない
 2 疑問表現の呼応 なぜ~か
 3 仮定表現の呼応 もし~ならば
 4 依頼表現の呼応 どうぞ~ください
 5 あいにく

 「あいにく」には何も呼応しません!
 したがって答えは5です。

 





2020年9月15日平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説