日本語スピーチコンテスト! 大変勉強になりました。

日本語教師のお仕事

 今日は日本語教師で有名な笈川先生による日本語スピーチコンテストが開かれるということで、学生と参加してきました。

 出発したのは9時で、廊坊駅までバスで移動。10時15分発の高速鉄道に乗り約20分。その後地下鉄を30分ほど乗って北京大学前の駅へ。

 今日の北京の天気は非常に悪い・・・。 日本で「天気が悪い」というと、雲が掛かっていたり雨が降っていることを指しますが、中国では「PM2.5が多くて大気が汚染されている」という意味で使われることが多い気がします。学生は「天気が悪い」と表現しますが、雲は全くかかっていないのです。むしろ太陽は欠けることなく見えます。これが本当の「雾霾」でしょう・・・。

 雲一つない天気でしたが、昼にも関わらず太陽を見ることはできます。遠くの大気は茶色っぽくて、特に目に違和感を感じました。学生は毎日こんなに悪いわけではないと言ってましたが、私は初北京でこの酷さを経験したので強烈なインパクトがあります。どうなんでしょうか・・・。

 そんな天気の中、数十分歩いてたどり着いた会場は「文津国際酒店」。とても大きいビルで綺麗です。

 7名の日本語学習者が日本語で発表をします。今回のテーマは「日中協力について」。どの学生も昨今の日中関係について危惧しており、それぞれが考えた改善策を熱弁していました。

 参加者のほとんどは北京大学の日本語専門だったと記憶しています。日本に行ったことのある学生も居て、本当にどの方も皆日本語が上手だと感じました。

 しかしながら、中国人学習者が難しいとする日本語の”拍”を身につけていない学生も多かったです。私の受け持つ1年生も、拍が身に付いていないことで自分の名前も正しく言えない人もいます。一部分での矯正は比較的簡単に出来るのですが、全体の矯正には至らず、私自身もとても悩んでいます。

 そして、平仮名の一つ一つをはっきり発音してしまうのも気になりました。例えば、日本語で「ごめんなさい」と言うとき、最後の「い」をはっきり言いません。このような現象が日本語には言葉を発するたびにあります。ところが中国語は四声の関係ではっきり発音するため、その癖(?)が引き継がれているのかも? このあたりの分析は専門の研究者に任せましょう・・・。

 それから、プレゼンという場には相応しくない言葉を多用していたのも気になりました。一人の女子学生が「まあ」という言葉を頻繁に語頭につけていましたが、これは連呼すればするほど、”上から目線感”が出てきます。一つの癖でしょう。その場にあった言葉を使わなければならないというのは、敬語や謙譲語にも通じます。中国には敬語というものは特段存在しませんので、学習者がとても頭を悩ます分野です。

 さて・・・ 良くないところばかり書いてしまいましたが、当然良い所もたくさんあります!まず、皆がカンペもなしにプレゼンをしていたことです。たくさん練習してきたにしても、7分間も話し続けるのは相当の日本語能力が要るはずです。適切な場面で適切な慣用句を使うあたり、非常に理解のしやすいプレゼンだったと思います。

 できることなら、私の学生からもいつか参加させたい。まだまだ私には知識も経験もないので、勉強あるのみです・・・。





日本語教師のお仕事