【オノマトペ】うっすら

説明

意味

 稍微
 隐约
 薄薄地
 

解説

 物事の程度がわずかである様子を表す擬態語です。
 物事が曖昧だったり、色が薄かったり、情報がはっきりしない感じ。
 

例文

 (1) うっすらと月が見える。
     ()
 (2) うっすら雨が降っている。
     ()
 (3) 病院で働いていたとき、夜お化けの存在をうっすら感じる時がありました。
     ()
 (4) 前世の記憶がうっすらあります。
     ()
 (5) このお茶、うっすら甘くておいしい。
     ()
 (6) 地平線の向こうにうっすら山が見える。
     ()

 

備考

 特になし




日本語のオノマトペ