【練習問題】(834)ル動詞

ル動詞に関する記述として不適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 主に2拍に短縮された名詞に「る」が後接する。
 2 ル動詞は一段動詞である。
 3 ル動詞化の過程で元の語の長音が欠落することがある。
 4 オノマトペにもル動詞化の例が見られる。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 ル動詞とは、主に名詞に「る」をつけて名詞を動詞化したもののことです。
 例えば、ググる、メモる、事故る、拒否るなど。

 選択肢1
 ル動詞は主に「2拍+る」の形を取ります。だから正しい。
 ミスる、愚痴る、デコる、パクるなどなど…
 でも「3拍+る」のものも少ないですがあります。トラブる、テンパるなど。

 選択肢2
 ル動詞は五段動詞です。間違い。

 選択肢3
 「ハモる」は「ハーモニー」でしたが、長音が欠落して「ハモ」になっていまs。
 ほかにも「ググる」と「グーグル」など。

 選択肢4
 オノマトペのル動詞化は、例えば「ボコボコ」に対する「ボコる」があります。

 したがって答えは2です。

 参考:ル動詞を構文論の観点から見直す




2022年9月20日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題