「想像できにくい」って二重可能表現っぽくない?

 昨日youtube見てたときに「想像できにくい」という言葉を聞いてびっくりしました! 初めて聞いた言葉だったんでなんか新鮮な感じだったんです。その動画というのがこれ。大体8分8秒あたりのその言葉が出てきます。

 【8:00~からの発言】
 ちょっと何気を付けていいか分かんないしね
 一応見通しの良い道路なんで
 別に子どもが出てくるとか、飛び出し注意とか
 そんなのも想像できにくい

 というわけで調べてみました!

 

「想像できにくい」に関するアンケート結果

 2022年8月6日、日本語母語話者200名にアンケート。結果はこう。

 「想像できにくい」は「想像しにくい」と同じかそれに非常に近い意味で使っていると思われます。そこで意味的に対応している「想像できやすい」と「想像しやすい」も比較対象として並べ、それぞれ使うかどうかを聞きました。

 ①「想像しやすい/想像しにくい」を使う   195人 (97.5%)
 ②「想像できやすい/想像できにくい」を使う 2人 (1%)
 ③どちらも使う               3人 (1.5%)

 直感通りの結果になりましたが、多少使う人がいるようです。
 それから、「想像できやすい/想像できにくい」について使っている人を見聞きしたことがあるかどうか聞いたところ… 見聞きしたことがある人は31.5%で結構いました。

 ①見聞きしたことがある 63人(31.5%)
 ②見聞きしたことがない 137人(68.5%)

 ※「ニキビができやすい」「ニキビができにくい」とかは別物。この「できる」は今までなかったものが出現するという意味なので。ここで取り上げているのは可能の意味を持った「できる」。

 

なぜ違和感があるんだろう?

 「できる」は言わずもがな可能表現。「~やすい」「~にくい」は動作実現の難易を表すのでその中に可能の意味が含まれてそう… だから「できやすい」とか「できにくい」は二重可能表現(みたい)になってるんだと思います。「書けることができる」のような。それが一番最初の違和感なのかなあと思いました。
 可能の度合いを強調したいから? 可能の意味が薄くなってるから二重にした? はたまた別の理由? 生まれた原因は要調査。



アンケートで自由に意見を書いてもらいました!

 アンケートではこの件についてどう思うかと設問を作って自由に意見を述べてもらいましたその全部をここに書いておきますね。
 今後これについて研究する方がいれば参考になるかもと思って。

 

①「想像しやすい/想像しにくい」を使うと答えて、かつ①見聞きしたことがあると答えた人たちの意見。

 ●自分は「想像しやすい/想像しにくい」が自然な日本語だと思いますが、自分ももしかしたら無意識に「想像できやすい/想像できにくい」と言っていることがあるかもしれないとは思います。ただそれは文章に書いたりきちんと考えたりしてその言葉を選んでいるわけではなく、「想像できる/想像できない」と言おうとしている途中で、そこまで言い切らずに表現をやわらげようとして咄嗟に「やすい」をつけてしまっているのだと思います。「想像でき…やすい」のように。
 ●想像できやすいという言葉を聞いたことがなかったので、参考になりました。
 ●「想像できやすい」は使ったり聞いたりした覚えはないが、誰かから聞いた情景について、で使いやすい表現なのではないかと感じた。
 ●「想像する」+「簡単/難しい」が「想像しやすい/想像しにくい」で、 「想像できる」+「簡単/難しい」が「想像できやすい/想像できにくい」という使い方になってるのではないかと考えます。 「簡単/難しい」を付けると意味的にほとんど同じように感じますし、「想像できる」より「想像する」の方がシンプルで使いやすい印象を受けました。
 ●2については“(自身を除けば)判らない・憶えていない”が正しいです。「想像出来無い」「想像出来る」と言った言葉も使うので、その延長(派生)の様な感じかなと考えます。そして個人的には「想像し辛い」も使います。
 ●想像の「ぞ」の音の後に、できにくいの「で」の音が来るのが、濁音が続いてとても強い感じがして言うのも聞くのも嫌だなと思いました。
 ●日本語は難しい。ありがとうございました。
 ●この2つの言葉の違いについて考えたことがなかったが、今回初めて考えてみて、日本語って奥深いなと感じた。
 ●意味は同じだからどっちでもいいと思う
 ●「想像できやすい」「想像できにくい」という使い方を初めて知りました。
 ●想像できやすい→想像できる、想像できにくい→想像できない・・・・・ではないかと思いますが?
当たり前に使っていた言葉なので驚きました。
 ●できやすい、できにくい自体使わないので個人的には違和感がある
 ●今まで気にしたことがあまりなかったので、初めて聞いたような気がします。自分は使わない言葉です。
 ●今回この質問で色々考えましたが、日本語は難しいと思いました。

 

①「想像しやすい/想像しにくい」を使うと答えて、かつ②見聞きしたことがないと答えた人たちの意見。

 ●「想像できやすい/想像できにくい」は「想像しやすい/想像しにくい」をより強調したいときに使います。
 ●日本語の難しさ、想像できる、想像できないが一番馴染んでいる言葉に感じます。自分から見たものと、他人から見たものの違いを感じます。
 ●想像できやすい。を使う場面が想像しにくい。
 ●しやすい、しにくいは自分の事 できやすい、できにくいは自分以外の人の事 を指すイメージ
 ●どちらの言葉を使ってもいいと思ってます。
 ●「想像できにくい」は、多くの人が「想像しにくい」ものごとに対して使う言葉という印象。
 ●「想像できやすい/想像できにくい」という表現は、何となく几帳で不自然な感じがする。
 ●個人的には「想像できる」の意味で「考えられる」という言葉を使うような気がする。
 ●できやすいも言いますができにくいは言いません
 ●「想像できやすい」「想像できにくい」の表現は見聞きしとことはありませんが、どのようなシーンで使われているのか知りたいものです。
 ●「想像する」という日本語の動詞に可能不可能の助動詞をつけるのはくどい気がするが口語であれば気づかないとも思う。
 ●日本語特有の表現だと思う。外国語だと同じ意味言葉の表現が、あまりないと思う。私の妻はインドネシア人ですが、同じ意味の言葉の言い方が多いと言っています。
 ●時代と共に言語は変化していくので考察が大切です。
 ●関西と関東と違うのかな
 ●想像できるとは言いますが想像できやすいとは使わないです。
 ●言葉は変化していくと思うので将来的に使われていくのかもしれないと思う
 ●しやすいは連想。 できやすいは想像力。 という印象。
 ●想像しやすいは、自然と想像することで、想像できやすいは、あえて、その事を想像をすることができるか、という意味合いにも感じます。元々の意味合いが微妙に違っているのではないでしょうか。
 ●想像できやすい、という言い方をはじめて知りました。
 ●話し言葉で「想像できる」から続けて発語する感じがあります。日常ではたいして気になりません。
 ●後者の表現は実際には聞いた記憶がまったくなく、若い世代で使われ始めている言い方なのかと思いました。
 ●どちらの日本語が正しいのかと思ってしまいました。メディアでは想像しやすいや想像しにくいが使われてるように思えます。
 ●日本語が習得がむずかしいとされている言語なので、日本人なら問題ないが、外国人には大変だと感じます
 ●想像できにくい、は使っている人を見聞きしたことはあるが、想像できやすい、は見聞きした覚えがない。ただ、聞いたとしても意味は伝わるので、時代の流れで言葉の変化があるのは妥当なことかと思う。しかし、違和感を覚えるのは確かである。
 ●「想像できやすい」「想像できにくい」という言葉に聞き覚えがないので、私の周りでは使っている人はいないと思います。
 ●できる、できないは言い切る時に使います。
 ●日本人ですが日本語は、相当難しいなと思いました。
 ●大半が想像しやすいを使っていると思います。

 

③どちらも使うと答えて、かつ①見聞きしたことがあると答えた人たちの意見。

 ●日本語を丁寧に使いましょう

 

皆さんの意見を下のコメント欄にください!

 他動詞「する」は主観的で、自動詞「できる」はどちらかというと客観的。そこから「~しやすい」は自分のことに使いやすくて、「~できやすい」は他人のことに使いやすいのではないかというご意見いただきました!

 ●「想像できやすい」は使ったり聞いたりした覚えはないが、誰かから聞いた情景について、で使いやすい表現なのではないかと感じた。
 ●しやすい、しにくいは自分の事 できやすい、できにくいは自分以外の人の事 を指すイメージ

 確かに上の意見にも他者の存在を感じるっていう方もいますから偶然じゃないかも… もっと用例を集めればこの点判明しそうですね。

 今回は「想像する」を例にしてアンケートとってみましたが、「想像できにくい」だけでなく「説明できにくい」とか「理解できにくい」とか別の動詞を使った言い方も考えられます。生まれたばかりの言葉を発見したようで何だか嬉しさもあります! 感じたことなどありましたらぜひ下のコメント欄からコメントください。

 想像できやすい、想像できにくい、説明できやすい、説明できにくい、理解できやすい、理解できにくい、納得できやすい、納得できにくい…




2022年9月23日日本語TIPS, 日本語のいろんなお話