【練習問題】(798)ポジティブ・ポライトネス・ストラテジー

文章中の  (ア)  (イ)  に入れるのに最も適当な組み合わせを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 ポジティブ・ポライトネス・ストラテジーは  (ア)  のポジティブ・フェイスに配慮する言語行動で、  (イ)  などがその例である。

 (ア)   (イ) 
話し手 話し手に同調する言語行動
聞き手 話し手に非同調的な言語行動
話し手 聞き手に非同調的な言語行動
聞き手 聞き手に同調する言語行動

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 人はみんな相手に好かれたい欲求(ポジティブ・フェイス)と相手から離れたい欲求(ネガティブ・フェイス)があります。私たちは相手のフェイスに配慮した言語行動をしたりします。
 相手のポジティブ・フェイスに配慮した言語行動はポジティブ・ポライトネス・ストラテジー、相手のネガティブ・フェイスに配慮した言語行動はネガティブ・ポライトネス・ストラテジーと言います。だから  (ア)  は「聞き手」。

 ポジティブ・ポライトネス・ストラテジーは相手の近づきたいという欲求への配慮で、つまり相手の言ったことに同調したり、賛成したり、褒めたりみたいな言語行動がそうです。だから  (イ)  は「話し手に同調する言語行動」が正しい。

 したがって答えは4です。

 参考:【語用論】第34課 ポジティブ・ポライトネス
 参考:【語用論】第35課 ネガティブ・ポライトネス




2022年9月20日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題