【練習問題】(742)先生

敬称「先生」に関する記述として不適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 「姓+先生」で用いることもできるが、「名前+先生」も用いることができる。
 2 漫画家や政治家、板前などの調理師、歌手、運転手に対する敬称として用いることができる。
 3 中国語では「~さん」にあたる意味を持ち、日本語と同様の使い方はできない。
 4 一般的には、目下の者が自身の指導的立場にある目上の者に対して用いる。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 選択肢1
 「三上先生」のように苗字で言うこともできますし、「みゆき先生」のように名前にも使えます。
 正しい記述です。

 選択肢2
 教育機関で教師を務める者を「先生」と呼ぶのが一般的ですが、それ以外にも漫画家や政治家などの指導的立場にある者、一定の地位にある者に対する呼称として用いることもできます。
 ただし、板前や調理師、歌手、運転手にはどうか… 微妙です。その例は少ないので最も不適切な選択肢です。

 選択肢3
 中国語の「先生」は「姓+先生」の形をとって「~さん」の意味です。日本語の「先生」は指導的立場にある者に対して使いますが、中国語のはそういう使い方はしません。中国語の教師を呼ぶ呼び方は「老师」です。これは正しい記述です。

 選択肢4
 正しい記述です。
 目下の者が目上の者に対して用います。そこに年齢は関係ありません。

 したがって答えは2です。




2022年9月20日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題