【練習問題】(630)単文

従属節が含まれないものの例として最も適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 あまりのつまらなさに目が潤んだ
 2 不安定な心を肩に預け合いながら腐り切ったバッドエンドに抗う
 3 相手が何であれ日和らない
 4 忘れるな忘れるなと言い聞かせ続けた

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 1 単文
 2 「不安定な心を肩に預け合いながら」がナガラ節です。
 3 「相手が何であれ」は条件節です。
 4 「『忘れるな忘れるな』と」は引用節です。

 選択肢1だけ複文ではなく、従属節は含まれていません。
 したがって答えは1です。

 




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題