「逮捕」を表すエンブレムは中国でも通じる?

日本語TIPS

A:自転車盗まれて帰れないわ
B:あそこにあるやつ盗めば?
A:そんなんやったらこっちもこれだって

 こちらのジェスチャー、どういう意味でしょうか。
 「これ」のところで写真みたいな動作をしたら、ある意味を発揮します。
 今日は非言語メッセージというものについて少し紹介したいと思います。

 

言語メッセージは言語そのものに依存せずに意味を伝える

 私たちのコミュニケーションは、言語に依存した言語メッセージと、言語に依存しない非言語メッセージによって支えられています。言葉で「ダメ」と言うだけでも意味は伝わりますが、同時に両腕をクロスしながら「ダメ」と言えば意味を補完し強められます。さらに眉をひそめたり不満げな顔をすれば、ただ「ダメ」という以上の「ダメ」を伝えられます。相手に伝わる事柄のうち、言語を介する言語メッセージは主に内容面を、言語を介さない非言語メッセージは感情面を伝える役割を担っています。

 ジェスチャーも非言語メッセージの一種ですが、普通「ジェスチャー」と聞くと体全体、特に四肢を使うような動作をイメージするはずです。しかしジェスチャーは身体動作と訳されるように、頭の動き、姿勢、表情、目の動き、視線なども含まれます。「眉をひそめる」というのも身体的動作が伴っていますからジェスチャーです。

 今ではあまり見なくなりましたが、親指と小指だけ立てて耳元に近づけると電話を意味します。「趣味はギターです」と言いながら弾くふりをするのも、人差し指で自分のこめかみ辺りを何度も触る動作をして「あいつは頭がおかしい」という意味を表すのも全部そう。実は私たちが意識しないところでたくさん使われています。

 

エンブレムはどこの国でも通じるとは限らない

 ジェスチャーにはいくつか分類があります。そのうち最も文化の影響を受け外国人を困らせてきたのが、ジェスチャーでありながら言語メッセージとほぼ同じ機能を持つエンブレムです。手のひらを下に向けて手招きするだけで「こっちに来て」と言わずに意味を伝えることができるように、エンブレムは言語メッセージ相当の意味を伝えられます。試合中に監督から送られるサインなどもそうで、あらかじめサインの意味を共有しておくことでその効果を発揮します。

 試合中のサインは自分のチームには伝わるのに相手チームには伝わりません。これは国や文化にも同じことが言えます。例えば手のひらを下に向けて手招きすることは、国や文化によって「あっち行け」を示すことがあり危険です。エンブレムのほとんどはある文化の範囲内のみで解釈可能なので、日本のエンブレムが外国で伝わるとは思わないほうがいいでしょう。それどころか良くない意味を表す可能性もありますので注意してください。

 一番初めの写真、両手首を近づけるような動作も「逮捕される」という意味を表すエンブレムです。
 これ中国の学生に聞いてみましたが、少なくとも中国でも伝わるみたいですね! たぶん容疑者に手錠をかけている文化ではこのジェスチャーが伝わる可能性が高いのかなと思います。

 

このジェスチャーなーんだ?

 親指と人差し指をこすり合わせるようなこちらの手の動き、中国で用いられるエンブレムです。
 一体なんの意味でしょう。

 答えは…
 
 
 
 
 
 お金でした。
 よくドラマなどでこういう場面があるそうです。

A:…あいつ、殺してくれないか。
B:(仕草)…あればやるよ。 (お金あればやるよ)

 加えてお金を要求するとき、賄賂のようなときに使うことが多いそうです。このエンブレムは日本では伝わりませんし、日本で「お金」を意味する、親指を人差し指で輪を作って手のひらを上にする動作も中国では通じません。角度次第でOKサインにもなりますが、その場合は中国でも通じます。

 面白いジェスチャー、身の回りのものを探してみてください。

 





日本語TIPS