【練習問題】(412)コミュニケーション・ストラテジー

コミュニケーション・ストラテジーの例として不適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 学習者が学習者自身の情意的側面をコントロールし、否定的な感情を克服する。
 2 自信のない表現を使わず、使い慣れた表現を用いる。
 3 言語能力の不足による沈黙を身体動作を用いて乗り切る。
 4 言えない表現を学習者自身が作り出した語で伝えようとする。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 コミュニケーション上の問題が生じた時に、それを切り抜ける戦略をコミュニケーション・ストラテジーと言います。

言い換え 言えない表現を本来正しくないけど似ている表現で表したり、作り出した語で表したり、特徴や要素を描写して表すこと。
借用 言えない単語や文全体を母語や他の言語を使って表すこと。(意識的転移)
援助の要請 言えない表現を質問して教えてもらうこと。
身振りの使用 身振り手振りなどの非言語手段を用いること。
回避 使い慣れない形式や自信のない形式を使わないようにすること。より簡単な自信のある表現を選ぶこと。表現できなくなり、途中で言うのを中断すること。

 1 学習ストラテジーの情意ストラテジー
 2 コミュニケーション・ストラテジーの回避
 3 コミュニケーション・ストラテジーの身振りの使用
 4 コミュニケーション・ストラテジーの言い換え

 したがって答えは1です。




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題