【N0文法】~てのける

2021年8月2日N0文法, 日本語の文法

説明

接続

 動て形+のける
 

意味

 ためらいなく~してしまう
 

解説

 常人では難しいことを何の躊躇いもなく、いとも簡単にやりきることを表します。
 「言ってのける」は通常言わないことをあえて言うようなニュアンスを持っています。

 物を他の場所で移す意の「退ける」が語源です。
 

例文

 (1) 彼女はプロでも難しい曲を簡単に歌ってのけた
 (2) 交代した選手が決勝ゴールを決めるという大仕事をやってのけた
 (3) まだ、あどけなさの残る13歳が世界の舞台で優勝という偉業をやってのけた
 (4) 北海道に住んでいる友人が「夏って大体2週間じゃない?」と真顔で言ってのけたのに戦慄した。
 (5) 社長の息子が不思議な力でいきなり昇進を決めるという神業をやってのけた
 (6) 普通ではできない事をやってのけるのがプロだ。
 (7) 難しい事を簡単そうにやってのけるのが、才能ある人の証。
 (8) 思ったことを平気で言ってのける
 (9) 彼は「自分は間違っていない。世の中が間違っているんだ」と言ってのけた
 (10) 私に言えないことを彼は平然と言ってのける

 

備考

 特になし

 





2021年8月2日N0文法, 日本語の文法