【練習問題】(122)使役表現の用法

2021年5月18日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを、それぞれ1~5の中から一つ選べ。
 
【使役表現の用法】
 1 50分で800字のレポートを書かせる
 2 何か言いたげだったので話させた
 3 もう遅いので息子を寝かせた
 4 嫌いな食べ物もしっかり食べさせた
 5 ポイ捨てしたタバコを拾わせた

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 使役は相手に何かを強制する意味を持つことが多いですが、相手が望まないことを強制している場合もあるし、望んでいることを強制する場合もあります。

 1 強制(相手が望まない)
 2 強制(相手が望んでいる)
 3 強制(相手が望まない)
 4 強制(相手が望まない)
 5 強制(相手が望まない)

 したがって答えは2です。

 





2021年5月18日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題