【練習問題】(65)格助詞「まで」

格助詞の「まで」の例として不適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 今日朝9時から深夜2時まで働いてた。
 2 今月いっぱいで仕事辞める決意をしたら、明日働くモチベーションまで無くなった。
 3 このキャンペーンは5月10日まで毎日応募できます。
 4 状況が落ち着くまで待つ余裕は無いのか?

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 格助詞の「まで」は終点を表します。
 選択肢1、3、4の「まで」はその終点を表すものです。

 取り立て助詞は文中にない情報を暗示する働きを持つものです。
 選択肢2の「まで」は極端な例を示す取り立て助詞で、「明日働くモチベーション」以外のものも無くなったことを暗示しています。
 これは終点の用法ではないので格助詞ではありません。

 したがって答えは2です。

 




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題