【練習問題】補足節の種類

2021年4月12日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを、それぞれ1~5の中から一つ選べ。
 
【補足節の種類】
 1 指図されるが嫌いだ。
 2 ちゃんと確認するが重要だ。
 3 女子寮に入るは許されない。
 4 不審な男が逃げていくを見た。
 5 法律が変わったをご存知ですか。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 2つ以上の述語を持つ文を複文と言います。複文は大きく4つに分類でき、そのうちの一つに「補足節」があります。補足節にもまた下位分類があり、「こと」「の」「ところ」で名詞句化するのが名詞節です。例えば「一緒にいるところを見られた」などがそう。

 下線部「の」が他に言い換えられるかどうか見てみます。

 1 「こと」に言い換えられるタイプの名詞節
 2 「こと」に言い換えられるタイプの名詞節
 3 「こと」に言い換えられるタイプの名詞節
 4 「ところ」に言い換えられるタイプの名詞節
 5 「こと」に言い換えられるタイプの名詞節

 したがって答えは4です。
 補足節という用語を知らないと焦るかもしれませんが、とにかく下線部だけに着目して言い換えてみたりするのがコツです。

 





2021年4月12日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題