ハ行の歴史的音韻変化について(唇音退化とハ行転呼)

ハ行の歴史的音韻変化

 ハ行の歴史的音韻変化はいろんな研究がされてますが、現在でも日本語の音韻の未解決問題となってます。次に書くのは通説です。(間違いがありましたら教えてください)

 

語頭のハ行

時代 音韻変化 IPAと発音 ハ行の異音
奈良時代以降 [pa] [pi] [pu] [pe] [po]
パ ピ プ ペ ポ
[p] 両唇音
奈良時代ごろ ファ音に変わる [ɸa] [ɸi] [ɸu] [ɸe] [ɸo]
ファ フィ フ フェ フォ
[ɸ] 両唇音
江戸時代初期 ファフェフォが
ハヘホに変わる
[ha] [ɸi] [ɸu] [he] [ho]
ハ フィ フ ヘ ホ
[h] 声門音
[ɸ] 両唇音
フィがヒに変わる [ha] [çi] [ɸu] [he] [ho]
ハ ヒ フ ヘ ホ
[h] 声門音
[ç] 硬口蓋音
[ɸ] 両唇音

 現代のハ行は、過去に[p] → [ɸ] → [h] という変化を辿ったと言われています。唇が緩む(唇を使わない)方向に変化しているので、この変化を唇音退化と呼んでいます。

 

語中・語末のハ行

時代 音韻変化 IPAと発音 ハ行の異音
奈良時代以前 [pa] [pi] [pu] [pe] [po]
パ ピ プ ペ ポ
[p] 両唇音
奈良時代ごろ ファ音に変わる [ɸa] [ɸi] [ɸu] [ɸe] [ɸo]
ファ フィ フ フェ フォ
[ɸ] 両唇音
平安時代中期 ファ音が[w]や[β̞]になる
(ハ行転呼)
[wa] [wi] _ [we] [wo]
[β̞a] [β̞i] _ [β̞e] [β̞o]
ワ ウィ _ ウェ ウォ
[w] 両唇軟口蓋音
あるいは
[β̞] 両唇音
鎌倉時代 [wi](ゐ/ヰ)と[we](ゑ/ヱ)が
唇音を失い「イエ」に
[wa] [i] _ [e] [wo]
[β̞a] [i] _ [e] [β̞o]
ワ イ _ エ ウォ
江戸時代初期 [wo](を/ヲ)が
唇音を失い「オ」に
[wa] [i] [u] [e] [o]
ワ イ ウ エ オ

 平安時代中期ごろ、語中の[ɸ]がワ行音に近い[w]や[β̞]で発音されるようになりました。これをハ行転呼と呼び、こうして成立したワ行音はハ行転呼音と呼びます。ハ行転呼の結果[w]になったのか[β̞]になったのかは分かりません。人によってまとめている内容が違います。

 その後、ハ行転呼音の「ヰ」「ヱ」「ヲ」はその後さらに音韻変化し、現代ではア行音の「イ」「エ」「オ」に同化しました。ワ行子音は[w]や[β̞]だったと言われていますが、現代のワ行は[ɰ]に変化しています。いつ変化したのかはごめんなさい分かりません。

 語中・語末のハ行はつまり次のように変化したと考えられています。

 こぴ[kopi] → こふぃ[koɸi] → こうぃ[kowi] → こい[koi]

 
 
 ※ちなみにここでは「ウ」の母音を[u]で書いていますが、現代では[ɯ]で発音されます。「ウ」はどこでどう変わったのか分からないので[u]で統一しました。





2020年12月13日日本語教育能力検定試験 解説, 用語集