お願いだからちゃんと仕事してよー…

日本語教師のお仕事

 本日は旧暦の七夕、「七夕快乐」という言葉をよく見る一日ですね。肝心の天気はというと、青森は昨日とは打って変わって涼しくなり、逆に風が強く肌寒く感じるくらい。空は曇っていて、このまま暗くなっても星が見えるかどうか分かりませんね…。

 さて、8月になってからというもの7月の給料が入金されているか確認するために毎日コンビニのATMへ行くのですが、一向に入金される気配がありません…。本来、月の最後の金曜日に当月の給料が振り込まれる契約なのですが、今までの中国での経験からして、こういう約束事はあんまり守られた試しがありません。しかも早めに振り込まれることは一切無く、全て遅め遅めの入金。このような状況は本当に心臓に悪いと思いませんか?

 このままでは生活に支障をきたしかねないので、そうなる前に連絡をと思い、担当へその旨伝えました。「早く振り込んで!」なんていう角度で切り出すと良くないので、「夏休みって給料ありましたっけ? 私の記憶ですと去年はあったんですが、どうでしたかね?」とちょっと遠回りして攻撃しました。
 すると「夏休み中7月分、8月分の給料はちゃんとありますよ」とすぐ回答。私の中でもしかしたら夏休み給料無いのか…?という疑念が沸いてきたところでしたからひとまず安心しました。ところがその後に「財務担当が夏休み中なので振り込まれるのは9月になります」と1発カウンター。ここで思わず笑ってしまいました。

 学生に聞いたことがありますが、一般企業でも給料の支払いが遅れることは多々あるようで、給料日の規定はあってないようなもの。こんな状態が定着してしまうと労働者の労働意欲が削がれるし、会社に不安を感じずにはいられませんよね。

 というわけで、「最低でも7月分の給料は”前倒し”で振り込んでほしい。生活できないから」とこちらから要件を伝えました。それが昨日の話です。この後はまさかまさかの無視を決め込まれ、その対応に唖然としています。もし振り込まれなかった場合を考えて、何か短期のバイトでも探さないといけないのかなぁ…





日本語教師のお仕事