【N2文法】~ほど~は~ない/~くらい~は~ない

説明

接続

 名詞+ほど+名詞+は~ない
 名詞+くらい+名詞+は~ない
 名詞+ぐらい+名詞+は~ない
 

意味

 没有比…更…
 …最…
 

解説

 物事が最高の程度に達して、それ以上ないことを表します。
 後件に否定形を伴い、「~くらい~ない」の文型を取ります。
 後件には「少ない」「珍しい」「他にない」「いない」「存在しない」などの語が続きます。
 

例文

 (1) 囲碁ほどルールを聞いても分からない盤上競技は他にない
 (2) 人生において、両親が死ぬくらいつらいことはないだろう。
 (3) バングラディシュのダッカくらい人口密度が高い都市は他にない
 (4) 人前に出ることほど嫌なことはない
 (5) 彼女ほど努力した人を他に見たことがない
 (6) 結末を知りながら見る映画ほどつまらないものはない
 (7) エンターテイナーでは、マイケルジャクソンほど有名な人はいない
 (8) 彼ほどこの分野に精通した人はいない

 

備考

 「くらい」と「ぐらい」に違いはありません。どちらを使っても意味は同じです。

「くらい/ぐらい」シリーズ 意味
【N4文法】~くらい/ぐらい ①量がそれに近い
②程度
③限定、最低限
④蔑視、軽蔑、軽視
【N2文法】~のは~くらいだ/~のは~くらいのものだ/~のは~ぐらいだ/~のは~ぐらいのものだ 後件の人物や状況でなければ前件が成り立たない
【N2文法】~ほど~は~ない/~くらい~は~ない 最高の程度
【N2文法】~くらいだから/くらいなので/ぐらいだから/ぐらいなので 判断や推測
【N1文法】~くらいでないと/くらいでなければ/ぐらいでないと/ぐらいでなければ 前件の程度を満たしていなければ物事の遂行が困難
【N1文法】~くらいなら/ぐらいなら/くらいならむしろ/ぐらいならむしろ 前件よりも後件のほうが望ましい
【N0文法】たかが~くらいで/たかが~ぐらいで その為に~する必要ない

 

「ほど」シリーズ 意味
【N4文法】~ほど(程) ①量がそれに近い
②程度
③比較
④比例の変化
【N4文法】~ほど~ない 比較
【N3文法】~ほどの~ではない 程度がそれほど高くない
【N3文法】~というほどではない 程度がそれほど高くない
【N3文法】~ば~ほど/~ば~だけ 比例の変化
【N2文法】~ほど~は~ない/~くらい~は~ない 最高の程度
【N1文法】~にもほどがある 度を過ぎている

 





2020年6月16日N2文法, 日本語の文法