「探す」と「探る」の違い

「探す」と「探る」の違い

探す(さがす)

 どこかにあるものを見つけ出そうとすることです。目に見えるものでも抽象的な物事にも使うことができますが、目に見えるものが対象になる場合は原則”目で“見つけ出そうとするのが特徴です。そしてその対象は動作主が既知の物であることが多いです。「探す」対象は無くしたものや欲しいものとなります。

 (1) アルバイトを探す
 (2) 答えを探す
 (3) 白馬に乗った王子様を探す
 (4) 四葉のクローバーを探す
 (5) 人を探す
 (6) 無くした財布を探す
 (7) 生きる意味を探す
 (8) 常に新しい経験を探す

 

探る(さぐる)

 どこかにあるものを見つけ出そうとすることです。目に見えるものでも抽象的な物事にも使うことができますが、目に見えるものが対象になる場合は目に頼らず”手や感覚で”見つけ出そうとするのが特徴です。「探る」対象は動作主が未知の物事であることが多いです。

 (9) 暗闇の中で出口を探る
 (10) バッグの中を探ったが見つからなかった。
 (11) 相手の心の中を探る
 (12) 過去の記憶を探る
 (13) 原因を探る
 (14) 真実を探る
 (15) 可能性を探る
 (16) 最適なタイミングを探る

 「手探り(する)/手探りで探す」という言葉もあります。これは周囲が暗く視界が奪われた状態で、手だけで物を探すことです。

 (17) 布団に埋もれた目覚まし時計を手探りした。
     (用手摸索着寻找裹在被子里的闹钟。)
 (18) 停電の中、手探りでスマホを探した。
     (停电之后用手摸索着寻找手机。)

 「探りを入れる」という言葉もあります。これは相手の秘密を調べたり、聞き出したりすることです。

 (19) 浮気しているかどうか探りを入れる
     (偷偷查一下她(他)是否出轨了。)
 (20) 試合前に相手チームに探りを入れるところから既に試合は始まっている。
     (比赛,已经从赛前调查了解对手的时候就开始了。)

 

まとめ

探す(さがす) 探る(さぐる)
目で見つける 手や感覚で見つける
既知の物事が対象 未知の物事が対象




日本語TIPS