【Q&A】バイオリンを習う___、いい先生が必要だ。

バイオリンを習う___、いい先生が必要だ。
A.には B.ため   C.うちに   D.ように

 「には」「ため」「ように」の違いは何ですかという質問です。
 これらは全て目的を表しますが、少しずつ使い方が違います。

 「には」は、格助詞「に」の目的の用法と強調の「は」が合わさってできた語です。「~する時には」「~の場合には」などに言い換えられ、仮定条件を表します。後件は「~が必要が」「~が重要だ」「~しなければならない」などの語が続きやすいです。

 「ため」は目的と原因を表す用法があります。動詞に接続する場合は必ず意志動詞です。

 目的を表す「ように」は、必ず無意志動詞に接続します。

 問題の後件には「~必要だ」とありますので、答えはAです。
 ちなみに「バイオリンを習うためには、いい先生が必要だ」のように、「~ためには」と言うこともできます。





2020年5月9日学生からの質問 Q&A