2019年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題14解説

問1 指示詞からの転用によってできたもの

 「彼方(あなた)」はもともと遠方を指す指示詞でしたが、今では相手を指す人称詞として用いられるようになっています。
 したがって答えは1です。

 

問2 敬意が低減(逓減)した人称詞

 敬意低減の法則/敬意逓減の法則とは、かつてその語が持っていた他者に対する敬意が時間の経過、時代の変化とともに薄らいでいくこと、またはその法則のこと。「貴様」や「お前」は元々相手を敬う語だったのが、今では軽蔑の対象に用いられるようになったことなどが代表的な例として挙げられる。

 したがって答えは1です。

 

問3 主語が一人称のみに制限される例

 各選択肢の文の主語に人称制限があるかどうかを見てみます。

一人称 二人称 三人称

 選択肢2の「はずだ」は一人称には使えません。
 選択肢3の「~たい」は一人称にしか使えず、二人称、三人称では「~たがっている/たいらしい」などを使わなければいけません。
 選択肢4の伝聞「らしい」は三人称にしか使えません。

 したがって答えは3です。

 

問4 親族間の人称詞

 親族間での状況を考えてみます。

 1 母親に対して自分のことを兄と自称しません。
 2 母親に対して「彼女」と呼ぶことはありません。
 3 妹に対して自分のことを名前で呼ぶことはあります。
 4 妹に対して「彼女」と呼ぶことはありません。

 したがって答えは3です。

 

問5 人称詞の指導

 1 目上の人に「あなた」を使うと失礼になる場合があるので、名前にさん付けをするよう指導するのは正しいです。
 2 「私」は現代では、男性でも女性でも共通して使いますので不自然ではありません。
 3 自称詞「自分」は体育会系な印象があり、「私」は比較的中立的です。また、「自分」は他称詞としての用法もあります。この違いについて指導するのは正しいです。
 4 正しいです。目上の人を「彼」「彼女」と呼ぶのは失礼です。

 したがって答えは2です。

 





2019年度, 日本語教育能力検定試験 解説