令和元年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題10解説

問1 談話能力

 カナル&スウェイン (M.Canale & M.Swain)といえば、コミュニケーション能力/コミュニカティブ・コンピテンス (communicative competence)です。これはコミュニケーションを行うための能力のことで、以下の4つに分けられます。

談話能力 言語を理解し、構成する能力。会話の始め方、その順序、終わり方などのこと。
方略能力
(ストラテジー能力)
コミュニケーションを円滑に行うための能力。相手の言ったことが分からなかったとき、自分の言ったことがうまく伝わらなかったときの対応の仕方のことで、ジェスチャー、言い換えなどがあてはまる。
社会言語能力
(社会言語学的能力)
場面や状況に応じて適切な表現を使用できる能力。
文法能力 語、文法、音声、表記などを正確に使用できる能力。

 1 目上を「すごい」等と評価するのは不適切です。場面に応じて適切な表現を使用できているとは言えませんので、社会言語能力が欠如しています。
 2 目上に「~たいですか」は不適切です。場面に応じて適切な表現を使用できているとは言えませんので、社会言語能力が欠如しています。
 3 「面白いでした」にはイ形容詞の活用に誤りが見られます。文法能力が欠如しています。
 4 天気の話題から論文の話題へと突然移り変わっています。談話を構成する談話能力が欠如しています。

 したがって答えは4です。

 

問2 談話標識

 談話標識(ディスコースマーカー)とは、談話において、その後どう続くかを知る手がかりとなる言葉のことです。例えば、「でも」は反論、「ところで」は話題転換、「すみません」は会話の切り出しの合図となります。

 選択肢2はディスコースマーカーです。「では、そういうことで」と言われたら話が終わったと分かります。談話の流れを決めている表現です。
 したがって答えは2です。

 

問3 スクリプトを考慮したモデル会話

 スキーマとスクリプト! これは読解のときにそのテキストをどう理解しているのかを説明するものです。簡単に説明します。

 スキーマとは具体的な特徴を取り除いた、過去の経験や外部環境についての構造化された知識のことです。例えば「外から鳴き声が聞こえる。姿は見えない。ネコはどこだ?」の「ネコ」は、動物の猫を指しているとすぐ分かります。農業や工事現場で使うネコ(手押し車)を想像する人はきっといないはずですよね…。 ここでは「鳴き声」から動物に関するスキーマが活性化したので、「ネコ」は猫だと自然に理解できるようになっています。人は文の一部から特定のスキーマを呼び出して利用し、そのスキーマに合わせて理解を進めていきます。

 このスキーマの中には、スクリプトというものもあります。これはレストランでは「入店して、席に座り、注文して、食べて、会計して、退店する」のような一連の手続き的な知識のことです。「服を見るためお店に入った。しばらくしたら店員が寄ってきた。」では、店員が寄ってきた理由はおそらく「服をお勧めしたりの接客だろう」と予想できます。こんな予想が自然にできるのは、「店に入る、店員が寄ってくる、試着する、買う」のような服屋のスクリプトがあるからです。

スキーマ 具体的な特徴を取り除いた、過去の経験や外部環境についての構造化された知識のこと。
スクリプト スキーマのうち、一連のできごとの流れに関する知識のこと。例えば、「レストランでは、入店して、席に座り、注文して、食べて、会計し、退店する」のような一連の手続き的な知識を指す。

 選択肢4の「出来事の典型的な順序や流れ」の部分がスクリプトの記述です!
 したがって答えは4です。

 

問4 トップダウン的な会話活動

 言語処理はトップダウン処理とボトムアップ処理に分けられます。実際の言語処理はこれら2つを併用しています。

トップダウン処理 既に持っている背景知識や文脈、タイトル、挿絵、表情などから推測しながら理解を進めていく演繹的な言語処理方法のこと。
ボトムアップ処理 単語や音、文法などの言語知識を用いて、細かい部分から徐々に全体の理解に繋げていく帰納的な言語処理方法のこと。

 1 語や定型表現を直接教えるのはボトムアップ的な活動です。
 2 文型を直接導入するのはボトムアップ的な活動です。
 3 「推測」というのがトップダウンの特徴です。文中には無いですが、映像を見せて説明することなく状況を把握させています。トップダウン的な活動です。
 4 発音練習はボトムアップ的な活動です。

 したがって答えは3です。

 

問5 語用論的転移

 選択肢1
 これは過剰般化の例です。過剰般化とは、文法的な規則を他のところにも過剰に適用することによって起きる言語内エラーの一種です。例えば「安くはありません」を「安いではありません」と言うのは、ナ形容詞の規則をイ形容詞に適当したために生じています。
 
 選択肢2
 これはコミュニケーション・ストラテジーの言い換えです。コミュニケーション・ストラテジーは自分の言語能力が不足しているときにどうにかコミュニケーションを達成するために用いる方法で、その中に言い換えがあります。言い換えは自分が言えない、知らない言葉を別の表現で表したりする方法です。

 選択肢3
 語用論的転移の例です。プラグマティック・トランスファー(語用論的転移)とは、第二言語学習者が目標言語で母語話者とコミュニケーションを取る際に、母国では一般的に用いられている許可、依頼、断り、謝罪、感謝などの社会言語規範を適用して会話をしてしまうことです。文法的に誤りのないものを指します。例えば、英語母語話者が友人を夕食に誘う際に、英語の「Would you like to go to dinner?」をそのまま直訳して「夕食行きたいですか?」という表現を用いることなどなど…。選択肢の例はこれに近いですね。

 選択肢4
 ある語をその語の使用範囲よりも広く使うことを「過大般用」と言います。犬、馬、ライオンは違う動物なのに、子どもが四つ足の動物全てを「ワンワン」と呼んだりするのがこれにあたります。子どもの頃は似ているものを同じカテゴリーとして扱う傾向がありますが、成長するにつれてそのカテゴリーの属性が精密化されていきます。
 これは母語習得の話ですが、第二言語習得にも同じようなことが言えそうです。例えば、扉、門、ドアは全部入り口にあって開けるものなので、それらを一様にドアと呼んだりとか… 過大般用にかなり似てます。この相手に関係なく尊敬語を使うというのも過大般用っぽくはあります。
 (コメントでご協力ありがとうございました!)

 
 したがって答えは3です。

 





2020年9月21日令和元年度, 日本語教育能力検定試験 解説