日本語の変音現象について

 

変音現象

音便

 単語中の一音が別の音に変化する音韻的な変化を音便と言います。音便は以下の4つに分けられます。そのうちイ音便、撥音便、促音便は特に五段動詞に関わるものです。

イ音便 「イ」に変化する音便。 (1) 書く → かきて → かいて
(2) 脱ぐ → ぬぎて → ぬいで
撥音便 「ン」に変化する音便。 (3) 死ぬ → しにて → しんで
(4) 飲む → のみて → のんで
(5) 遊ぶ → あそびて → あそんで
促音便 イ段の音が促音に変化する音便。 (6) 買う → かいて → かって
(7) 勝つ → かちて → かって
(8) 貼る → はりて → はって
ウ音便 「ウ」に変化する音便。「イ」「ウ」が連続するとき生じやすいみたい。 (9) 日向 → ひうが → ひゅうが
(10) 言う → ゆー
(11) アルミニウム → アルミニューム
(12) プラネタリウム → プラネタリューム

 

連声(れんじょう)

 連声は、前部要素の語末子音が[m][n][t]で、かつ後部要素の語頭が母音・ヤ行・ワ行で始まる語が来るとき、後部要素の語頭がマ行・ナ行・タ行音に変化する現象です。
 簡単に言うと、前部要素の末尾子音が後部要素の語頭に影響して繰り返されるものです。

 この現象は漢語の熟語によく見られますが、現代では観音、因縁、天皇などかなり少数の語が残っているだけ。ただし「原因」は例外です。

 (1) 観音 (かんおん → かんのん)
 (2) 因縁 (いんえん → いんねん)
 (3) 天皇 (てんおう → てんのう)
 (4) 銀杏 (ぎんあん → ぎんなん)
 (5) 反応 (はんおう → はんのう)
 (6) 三位 (さんい → さんみ)
 (7) 云々 (うんうん → うんぬん)
 (8) 雪隠 (せついん → せっちん)
 (9) ワンアウト → ワンナウト

 

転音/母音交替

 前部要素の語末母音が別の母音に変化する現象です。

 (1) 雨傘 (あめ → あま)
 (2) 風上 (かぜ → かざ)
 (3) 木陰 (き → こ)

 

音韻添加

 前部要素と後部要素の間に元々の語にはなかった音素が付け加えられる現象。

 (1) 小雨 ko + ame → ko[s]ame
 (2) 春雨 haru + ame → haru[s]ame
 (3) 真っ青 ma + ao → ma[ss]ao
 (4) 真ん中 ma + naka → ma[n]naka

 

音韻脱落

 元々の語にあった音が無くなる現象。

 (1) 裸足 hada[ka] + asi → hadasi
 (2) 河原 kawa + [ha]ra → kawara
 (3) 何で nan[i] + de → nande

 

音韻融合

 前部要素の語末と後部要素の語頭の音が融合する現象。

 (1) 狩人 かりうど → かりゅうど
 (2) 私は わたしは → わたしゃ
 (3) きうり → きゅうり

 

音位転換

 音素の順番が入れ替わる現象。

 (1) 雰囲気 ふんいき → ふいんき
 (2) オタマジャクシ → オジャマタクシ
 (3) シミュレーション → シュミレーション

 

半濁音化

 ハ行音がパ行音に変化する現象。促音の後のハ行音は原則パ行音になります。

 (1) 審判 (しんはん → しんぱん)
 (2) 一本 (いちほん → いっぽん)
 (3) 天辺 (てんへん → てっぺん)

 

促音添加(促音挿入)

 元々の語には無かった促音が挿入される現象。強調に用いられることが多く、口語的な表現になります。

 (1) 崖っぷち
 (2) くさい → くっさい
 (3) やはり → やっぱり
 (4) すごい → すっごい
 (5) やばい → やっばい
 (6) 真+昼間 → まっぴるま

 

撥音添加(撥音挿入)

 元々の語には無かった撥音が挿入される現象。強調に用いられることが多く、口語的な表現になります。

 (1) あまり → あんまり
 (2) みな → みんな
 (3) すごい → すんごい
 (4) そのたびに → そのたんびに
 (5) そのまま → そのまんま
 (6) 真中 まなか → まんなか

 

促音化

 母音の無声化によって結果的に促音に変わる現象。

 (1) 水族館 suizok[u]kan
 (2) 洗濯機 sentak[u]ki
 (3) 三角形 sankak[u]kei

 

撥音化

 撥音に変わる現象。ラ行音がナ行音の前に来ると起きるっぽい。

 (1) 分からない → 分かんない
 (2) 来るな → 来んな

 

拗音の直音化

 「しゃ」「しゅ」などの拗音が「さ」「す」などに変わる現象。

 (1) 出発 しゅっぱつ → しっぱつ
 (2) 手術 しゅじゅつ → しじゅつ
 (3) 20分 にじゅっぷん → にじっぷん
 (4) 旅客 りょきゃく → りょかく

 

長母音の短母音化

 長音が長音じゃなくなる現象。

 (1) ほんとう → ほんと
 (2) めんどうくさい → めんどくさい
 (3) かっこういい → かっこいい
 (4) 学校 がっこう → がっこ

 





2020年12月25日日本語教育能力検定試験 解説, 用語集