平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題1解説

問1 3母音体系

 日本語は「あ」「い」「う」「え」「お」の5つの母音を用いることから、5母音体系と呼ばれます。一方、アラビア語は3母音体系で、舌の位置の前後・高低が最大限に離れるように配置された組み合わせとなるようです。そして、上の画像のような配置が、最大限に離れた配置と言えます。

 したがって答えは1です。

 

問2 自由変異の関係にある異音

 異音とは、同じ音素に属する異なる音のことです。日本語では、[s][θ]が音素/s/として、[ɾ][r][l]が音素/r/として認識されます。
 そのうち自由異音とは異音が現れる条件が決まっていない異音で、条件異音とは異音が現れる条件が決まっている異音です。

 選択肢1
 有声歯茎摩擦音[z]は「ざずづぜぞ」、有声歯摩擦音[ð]は英語の[th]isの発音にあたります。本来は別の音ですが、日本語には[ð]の発音がないため、日本語で表記する場合は「ざずづぜぞ」になります。よってこれらは自由変異の関係にある異音です。

 選択肢2
 有声歯茎破裂音[d]は「だでど」、無声歯茎硬口蓋破擦音[tɕ]は「ち」です。

 選択肢3
 有声歯茎鼻音[n]は「なぬねの」、有声硬口蓋鼻音[ɲ]は「に」です。

 選択肢4
 無声声門摩擦音[h]は「はへほ」、無声硬口蓋摩擦音[ç]は「ひ」です。

 したがって答えは1です。

 参考:母音と子音の分類とIPA表記

 

問3 韓国語のアクセント

朝鮮の標準語にはアクセントがない。もっと正確に言えば、アクセントがないのではなくて、アクセントの違いで単語の意味が変わることがない。例えば、「国」という意味の単語「나라」は、「나」を低く「라」を高く発音しようが、「나」を高く「라」を低く発音しようが、あるいは「나」も「라」も高く発音しようが、その意味が変わることはない。だから原理的に言えば、音の高低を無視して、適当に高低をつけて発音しても、何ら支障はないことになる。
 - 要訣・朝鮮語 ― イントネーションより

 したがって答えは3です。

 

問4 各国語の形容詞に関する記述

 よく分からないので、答えだけ示しておきます。
 したがって答えは1です。

 

問5 日本語の特徴

 1 中国語には、日本語の敬語にあたるものが存在しません。
 2 日本語は文を作るときに主語(S)-目的語(O)-動詞(V)の語順をとるSOV型です。日本語のほかに、チベット語、オランダ語、朝鮮語などがこれに該当します。極めて珍しい言語というわけではありません。
 3 「学生は勉強している。」という文において、「学生」は単数を表す形式ですが、実際は複数の学生を指し示している場合もあります。日本語では、単数で複数を表すことができます。
 4 日本語は標準語も方言も高低アクセントです。

 したがって答えは3です。

 参考:言語を分類する形態的類型論と語順について

 





2019年7月18日平成23年度, 日本語教育能力検定試験 解説