【擬態語】めきめき/メキメキ

擬態語/擬音語/オノマトペ, 日本語の文法

説明

意味

 进步发展显著,迅速
 木头骨头断裂的声音,吱吱嘎嘎的响音。
 

解説

 成長や進歩がとても速いことを表す擬態語です。
 また、木や骨などがきしむ音を表す擬音語でもあります。
 

例文

 (1) あのコーチのもとで練習してから、彼の才能がめきめきと開花している。

 (2) 外国人の友達ができてから、英語がめきめきと上達している。

 (3) 体重がめきめきと減っていく。

 (4) 毎日料理しているからか、妻はめきめきと腕を上げている。

 (5) 強風によって木がメキメキと音を立てながら倒れていった。

 

備考

 特になし