【N2文法】~というより/~というよりむしろ

説明

接続

 名詞+というよりむしろ~
 動詞普通形+というよりむしろ~
 い形容詞普通形+というよりむしろ~
 な形容詞+(だ/である)というよりむしろ
 

意味

 与其说…,还不如说…
 与其…说…
 倒不如说是…
 

解説

 二つの判断や見方を比較し、後件の方が比較的妥当であることを表します。
 「むしろ」は省略可能ですが、「むしろ」がつくとより強調された表現となります。

 「というより」「というよりは」「というよりか」「というよりも」「というよりかは」などと様々な言い方がありますが全て同じ意味です。
 

例文

 (1) 声が聞こえないのはマイクが壊れているというより、パソコンの設定の方の問題だと思う。
     (与其说不能听见声音是因为麦克风坏了,不如说是电脑的设定方面的问题。)
 (2) 今回の件は悲しいというより残念だ。
     (这次的事情与其说是悲伤不如说是遗憾。)
 (3) これからはプログラミングを趣味としてというより、仕事として頑張って行くつもりだ。
     (今后与其说把编程作为兴趣还不如说是作为工作去努力。)
 (4) 日本の満員電車は乗っているというよりは、むしろ詰め込まれているという感じだ。
     (日本的满员电车与其说是乘坐,不如说是挤得满满的。)
 (5) 金銭面の問題というよりかは、むしろ親の賛成が得られないことが留学できない大きな理由だ。
     (与其说是金钱方面的问题,还不如说是无法得到父母的同意是无法留学的最大理由。)
 (6) 猫派か犬派かというよりも、まず動物を触ることができない。
     (与其说是猫派或狗派,不如说是首先不能接触动物。)
 (7) 人間の運命は、ルール通りに行われるチェスというよりむしろ宝くじを思い起こさせる。
 (8) 家から出たくないというよりむしろ布団から出たくない。
 (9) 彼女は可愛いというよりむしろ美しいと言った方が正しい。
 (10) 毎日コツコツ繰り返し練習するのは、周り道というよりはむしろ王道だ。
 (11) 彼女の新しい髪型は似合ってるというよりむしろ好き。
 (12) 練習の成果を出すことができず、悔しいというよりむしろ無力感。
 (13) 息子の大学入試合格は、嬉しいというよりむしろ安心したという気持ちのほうが強い。

 

備考

「むしろ」シリーズ 意味
【N1文法】~くらいなら/ぐらいなら/くらいならむしろ/ぐらいならむしろ 前件よりも後件のほうが望ましい
【N2文法】~よりむしろ~/むしろ~ 前件より後件のほうが適当
【N2文法】~というより/~というよりむしろ 前件より後件の判断、見方のほうが妥当

 





2020年4月10日N2文法, 日本語の文法