平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題4解説

問1 グローバルエラー

 学習者の誤用は、つい間違えてしまったというタイプのミステイクと、言語能力が不足していることによって起きるエラーに分けられます。エラーはさらに以下に分けられます。

程度 グローバルエラー
全体的な誤り
コミュニケーションに大きな支障が出るエラーのこと。「これはAさんにもらったプレゼントです」が「これはAさんがもらったプレゼントです」になるようなエラー。
ローカルエラー
局部的な誤り
コミュニケーションに影響が少ないエラーのこと。「私は学校で勉強をします」が「私は学校に勉強をします」になるようなエラー。
原因 言語間エラー
言語間の誤り
母語による影響で生じた誤りのこと。中国語母語話者が「宿題をします」を「宿題を書きます」と言ったり、「薬を食べます」と言う等。
言語内エラー
言語内の誤り
母語とは関係なく、第二言語の学習の不完全さから生じた誤りのこと。「雨が降りました」と「雨を降りました」と言う。言語内エラーには過剰般化や簡略化などがある。

 1 ローカルエラー
 2 誤用と正用で全く意味が違うので、グローバルエラーです。
 3 ローカルエラー
 4 ローカルエラー

 したがって答えは2です。

 

問2 言語内エラー(言語内の誤り)

 上の表を参考にして解くと…

 1 な形容詞の接続をい形容詞に適用する言語内エラー(過剰般化)
 2 母語である英語が影響して「教えることができますか」となる言語間エラー
 3 母語である英語や中国語が影響して「これ」となる言語間エラー
 4 母語である英語が影響して「ここに来なければなりません」となる言語間エラー

 したがって答えは1です。

 

問3 回避ストラテジー

 ストラテジーと聞いて思い出したいのが、言語学習ストラテジーとコミュニケーション・ストラテジーです。
 ここで必要なのはコミュニケーション・ストラテジーのほう。

 コミュニケーション・ストラテジーとは、自分の言語能力が不足しているときのコミュニケーションを達成するために学習者が用いるストラテジーのことです。以下の6つがあります。

回避 語彙力や文法力が原因で表現できない際に他の話題を選んだり、中断すること。
言い換え 知らない語を、それに似た別の語で表現したり、新しく語を作ったりして説明すること。
意識的転移 母語や他の言語に依存して説明すること。
助言要請 辞書を使ったり、分からない言葉をネイティブに質問して教えてもらうこと。
物まね 身振り手振りなどの非言語手段で伝えること。
時間稼ぎ ポーズを挟んで考える時間を稼ぐこと。

 使い慣れない形式や自信のない形式を使わないのは、上の表での回避。
 したがって答えは2です。

 

問4 明確化要求

 「学習者に言い直しを求める」ということは、自分が相手の言っていることが分からなかったので、もう一度言うように求めたり、明確にするよう求めることを指しています。これはインターアクション仮説の明確化要求です。

 インターアクション仮説
 学習者が目標言語を使って母語話者とやり取り(インターアクション)する場面で生じる意味交渉が言語習得をより促進させるという仮説です。ロング (Long)が提唱しました。意味交渉はインターアクションの中で生じる意思疎通の問題を取り除くために使われるストラテジーで、以下の3つに分けられます。

明確化要求 相手の発話が不明確で理解できないときに、明確にするよう求めること。
確認チェック 相手の発話を自分が正しく理解しているかどうか確認すること。
理解チェック 自分の発話を相手が正しく理解しているかどうか確認すること。

 直接訂正は相手の誤用を直接指摘するようなフィードバックの方法ですので、言い直しを求めるのとは異なります。誘導繰り返しは別に気にしないでください。
 したがって答えは2です。

 参考:第二言語習得理論についてまとめ!

 

問5 発話に対する「口頭訂正フィードバック」

 わざわざ説明しなくてもいいと思いますが念のため。
 口頭訂正フィードバックとは、口頭でフィードバックすることです。なんでこんな当たり前な用語があるかっていうと、フィードバックって口頭だけとは限らないんです。例えば、ライティング・フィードバックってのもあります。これは口頭ではなく、書いてフィードバックを行うタイプです。作文の訂正作業なんかがこれ。口頭とライティングだとちょっとやり方が違うので便宜上分けてるって感じです。
 文章中に「『ライティング・フィードバック』の特徴を理解し」とありますが、それはこういう違いを指してます。

 選択肢1
 相手の発話意図を確認しながら訂正できるのは口頭訂正フィードバックならでは。ライティングフィードバックだと書いた人に確認することは難しいです。

 選択肢2
 口頭訂正フィードバックだと、明示的なものもありますし、暗示的なものもあります。どちらが中心とかないです。逆にライティングフィードバックだと暗示的なものはやりにくいです。

 選択肢3
 ライティング・フィードバックは文字にして訂正する方法ですから、視覚で理解を助けることができます。それに先生がリアルタイムで話しかけているわけでもないので、じっくり読んでということもできます(認知的負荷が小さい)。しかし口頭訂正フィードバックは視覚による手助けもなく、会話の中でやり取りするのでライティング・フィードバックに比べて認知的負荷は大きいです。

 選択肢4
 口頭訂正フィードバックでは文法、表現、語彙など形式面のフィードバックが多くなります。
 ライティング・フィードバックだと形式面のフィードバックもありますが、レトリックの指導、話の流れ、構成なども訂正できます。この点は口頭訂正フィードバックではなかなか難しい部分です。

 したがって答えは4です。

 





2020年10月1日平成30年度, 日本語教育能力検定試験 解説