1年生にすごい成長を感じます!

日本語教師のお仕事

 土曜日の夕方は1年生との会話。毎週定期的に行っている計画です。今日は久しぶりに爆笑させてもらいました!不謹慎な話題ではあったんですが、言葉の違いというのは面白いですね~

 今日は、学生の高校時代のことについて教えてもらいました。中国の高校時代というのは、本当に過酷な環境だと思います。話を聞くと、日本とはうってかわって、まるで地獄のような印象。今日聞いた話によると、1クラス80人程度で、30クラスもあるようです。しかもこれで1学年。毎週何度も試験があり、その都度1位からビリまで名前が公開され、皆は常に緊張している状態。

 そんな中、自殺もする人もいると教えてもらいました。日本ほどではありませんが、去年、ここ廊坊でも高校生(?)が2名自殺したそうです。日本ではもっぱらいじめが原因の自殺が多いと思われますが、中国の場合は学力の競争による精神的な負荷が主因なのかもしれません。そこから発展した自殺の話は大変不謹慎でしたが、本当に面白い内容でした。

 「どうやって自殺する?」
 私が聞いて、彼女達は紙に書いた言葉。

 跳楼(tiao4 lou2) 飛び降り自殺
 跳河(tiao4 he2) 入水自殺
 吃药(chi1 yao4) 服薬自殺
 割腕(ge1 wan4) リストカット
 上吊(shang4 diao4) 首吊り自殺

 書いたのは中国語だけです。しかし、日本人なら漢字を見るだけでどんな自殺なのか一瞬で分かることでしょう。続けて日本語訳をその横に書きました。

 特に「割腕」という表現はなかなか面白いと思います。
 日本語で「割る」というと、一般的に、何やら硬いものに瞬間的に大きな負荷をかけ、壊すようなイメージが沸きます。例えば食器や瓦など。また、「腕」とは肘と肩の間にある部分のことを指しますね。ところが中国語では、これでリストカットを意味します。「腕」は手首を指し、「割」とは「切る・斬る」のようです。また、学生は中国語に準じて「薬を食べる」と表現するところ、日本語では「薬を飲む」と言います。こういったフリートークでは、日本語・中国語のわずかな違いがよく浮き彫りになるため、いい勉強になります。
 
 また、その後私と会話した2人の会話能力には驚かされました。
  L「先生、どこに行きたいですか? 私は運動場に行きたい」
  M「えーー 運動場!? 遠いです。私は行きたくない」
  私「私も行きたくないなあ。Lさん、1人で行けば?」
 何気ない会話に見えますが、このあとLさん、Mさんは間髪いれず私の冗談に反応して、
  M「先生! 面白い!」
  L「面白くない! 先生、悪い人!」
 と返してくれたのです。「悪い人」は、私と彼女達の間だけでよく使うフレーズです。これもまた冗談。冗談を冗談で返すことをさらっとやってのけてくれて、今日は本当に感動しました。1年生後期でこんなやり取りができるなら、この先が本当に楽しみ。

 さて、最近学生から「先生、毎日忙しいですね」と言われることが多くなってきました。確かに、休みという休みは全くありません。しかし何もしないで部屋にいると、何やら落ち着かない気分になります。疲れているだろうと思われて、私に連絡して来なくなったらそれが一番困ります。ですから毎回ちゃんと言うことがあります。
 「学生と話しているときが一番楽しい。だから気にしないで。私はみんなのために頑張るから、みんなも頑張って」
 いい返事と笑顔でした。

 また、「みんな先生のことが大好き」と言われることは本当に慣れません。多いとはいえませんが、少ないとも言えません。こんなストレートな表現は日本人なら躊躇するところですが、中国語の表現では至極当然なのでしょう。その発言態度には一切の躊躇がなく、目を疑うほど自然です。直接言われると私も反応に困るわけですが、「嬉しい」と私も素直に答えるようにしてます。仮に冗談や社交辞令的なものだとしても本当に嬉しいですね。

 自分の時間が無くなっても、やはり学生が一番大切です。この仕事を始めてから全く変わらない優先順位。夏休みまであと1ヶ月ちょっととなりました。残りの時間で、学生に何をしてあげられるだろうか・・・。





日本語教師のお仕事