日本語教師のお仕事

 今日の3年生の授業は本当に面白かったです! 教科書を進めようとするんですが、次から次へと脱線を繰り返して終始雑談モード。今日は教科書に出てきた「手術」という単語から派生して、まず大きな脱線を始めました。

 私の滑舌の問題だと思いますが、「手術」という言葉を読むのが結構苦手かもしれません。「しゅ」の次に「じゅ」が来るあたり、上手く舌が回らないのが自分でも分かります。この時点で学生たちは既に爆笑しているんですが、続いて思いついたのが「きゃりーぱみゅぱみゅ」という単語。

 これは彼女のメディア露出が増えて以来読みにくいとして有名になった単語ですね。手術が言えないのなら、これが言えるわけがありません。試しに言ってみるんですが、やっぱり全然言えないんですよね! もう隣の隣の教室まで聞こえるんじゃないかくらいの笑い声。正直恥ずかしくて顔を隠したほどです。「じゃあみんなもできんの?」と言って数人に言わせるんですが、なぜか中国人は難なく出来ちゃうんです。なんか悔しくないですか?
 実は中国語の発音は日本語よりも遥かに多いです。日本人が普段言い慣れていない半濁音や拗音も中国人にとっては普通に使う発音であり、我々日本人の早口言葉はしばしば中国では通用しなかったりするようですね~。

 いろんな日本の番組を見ている3年生だからこそ「きゃりーぱみゅぱみゅ」が分かりました。しかしこのネタは2年生、1年生に使えるかな…? ちょっと様子見しないと。

日本語教師のお仕事

 ゴールデンウィーク5日目。明後日には連休も終わりますから学生も帰って来ることでしょう。早くみんなに会いたいという気持ちが込み上げて来ていますが、こんな長い休みも案外悪くありませんね。
 さて、長い長いこの休みで何をしているかというと、グラウンドでジョギングしたり、教案を考えたりと実に暇で有意義な時間を過ごしています! 授業の準備の面では最近なんだか調子が良くて、次から次へとあれやりたい!これやりたい!という内容が沸いて出て来ます。この状態のうちに色んな事をまとめておいて、教案をストックしておきたいところですね。

 例えば、未来の自分に手紙なんか書いてもらうのはどうかと考えていました。もうすぐ卒業する自分へ宛ててもいいと思いますし、あるいは卒業して数年後の自分へでも良いと思っています。その手紙は私が保存して、その時になったらぜひ渡したいと考えています。かつて私の先生がそうやったように、卒業後も学生と繋がりがあれば何だか嬉しいですよね。近くもっと構想をまとめて書いてもらおうかな?

 それともう一つ。話は変わりますが、この間主任から電話がありました。「今月13日金曜日に日本語学科で日本語の演劇をやる予定があります。その際に着物を着ますから、先生、着付けを教えてあげてください。」といった具合の内容です。
 この話を聞いたとき、よし来たっ!と思いました。実は冬休み中に近くの呉服屋さんで着物の着付けの方法を少し勉強しておいたのです。日本語教師として、いずれこういった類の話は来るだろうと思っていたからです。帯の結び方は男性よりも女性のほうが複雑ですから、今一度自分で復習して恥をかかないようにしなければ…。

 夏休みまであと2カ月を切りました。こちらは連日25度を越える天気ですっかり夏の入り口という陽気。昨晩寝室に蚊が発生してさっそく睡眠を妨げられました。あとで蚊帳でも張ることにしましょう!
 こちらはゆっくり時間が過ぎる連休を満喫しています。

アイスブレイク

 「ある」と「いる」は中国人日本語学習者も良く間違える部分です。一般的に命があるかどうかという説明で区別されますが、これだけでは説明できない例外もあります。


 「ある」は非生物的、つまり命のない物によく使います。教室にあるもので言えば、携帯、教科書、チョーク、黒板、机などなど。また抽象的な物、見えない物にも使うことができます。例えば、夢、希望、予定、能力などなど。
 では植物はどうでしょうか。実は命があるのにも関わらず「ある」に分類されます。この点が一つ特殊な点です。

 一方、「いる」は植物以外の生命の存在に使います。学生、先生をはじめ、猫や犬、鳥などのペット類もこれに分類されます。ハエや蚊といった小さな生き物から微生物レベルまで「いる」を使います。

 さて、この大枠の分類方法を踏まえて、「死体」「人形」「幽霊」「神様」「ロボット」はどっちでしょうかと学生に質問してみると盛り上がります!

 本来「猫がいる」と言いますが、猫が仮に死んでいれば「猫の死体がある」と言えます。つまり死体であれば「ある」に分類されるわけです。
 人形は一般に「ある」を使います。「いる」なら命が吹き込まれた感じがして、能動的に行動している感じがしますね。ところがロボットの場合は「いる」を使うことが多いようです。以前流行したAIBOや現代のPepperなんかも「いる」と言った方が自然に聞こえますね。
 幽霊には「いる」を使います。しかし既に命がない存在ですから、学生に聞いて見ると意見が分かれます。
 では神様はどうでしょうか。幽霊とはまた違う神聖な存在ですが、こちらも幽霊と同じで「いる」が使われます。