アイスブレイク

 暇さえあればyoutubeで色んな動画を見たりしているんですが、度々授業内容に参考になったりします。先週から今週にかけて全学年にやってみたのが「お絵かき心理テスト」。いくつか絵を描いて、自分が分かるというものです。ちなみにこちらの動画を参考にしました。

 お絵かきするにあたって皆に「カミはありますか?」と言いましたが、カミというと「髪」を一番に思い出すようで、最初はみんなハテナ模様。そこから余談で「紙」「髪」「神」の話に派生したこともありましたね。
 こういう余談は私の授業では比較的多くなりました。先学期の1から10まで教案を準備していた頃は教案通りに進めなければという気持ちが働いて余談が全くありませんでした。これでは授業の自由度が低くなるので退屈になりがちなんですよね。

 さて、まずは上の動画に沿って紙を6分割し、小さい丸を2つ、大きい丸を2つと言った具合に全てのマスに基本となる図形を描いてもらいます。ここに自由に絵を描いてもらうわけですが、見てみるとやはり人それぞれです。第一印象がこんなにも違うものかと驚かされます。ちなみに、学生にとっては形容詞を捻り出すのが中々難しそうでしたね。
 実際は面白そうな4人を選んで黒板に描いてもらいました。これが結構重要で、全員自分の机で描いてもらうのでは活気に欠けます。

 最後に答え合わせ。絵を全部描いてもらったところで「実は、これは心理テストです。」と伝えます。そこで「やっぱり」という表情をする人もいれば、「えー!」なんていう人もいます。やり初めに教えるより、このタイミングで打ち明けたほうが効果的ですね。

 ①あなたが思うあなたの印象
 ②他人が思うあなたの印象
 ③あなたの子供時代
 ④あなたの性生活 → あなたと恋人との関係
 ⑤あなたの仕事
 ⑥あなたの未来

 診断内容としては以上ですが、学生の大半は女子学生でしたので、4番の内容は「あなたと恋人との関係」として柔らかい表現にしました。
 結果では自分を可愛いと思っていたり、他人から汚いと思われていたり、仕事が変だったり、未来が絶望的だったりと結果は様々。学年にもよりますが、30分~40分程度のボリュームでしたね。

1年生後期会話

 ※この記事は調整中です。

 「~てしまう(~ちゃう)」には意味が2つあります。

 ①完了
 ご飯を全部食べちゃった。
 「一つ残らず全部」というニュアンスがあります。「全部/全て/みんな…」といった言葉とよく呼応します。

 ②残念・後悔
 お菓子を食べちゃった。
 「本当はしたくないけど」という気持ちがありますが、結局自分やその状況をコントロールできなかった。残念、後悔のニュアンスがあります。

 「スマホを無くした」よりも「スマホを無くしちゃった」のほうが気持ちが入って、より富んだ表現になります。

 特に「あの人に彼氏ができちゃった。」「あの人に彼氏ができた。」の違いに触れると分かりやすかったです。
 前者は残念な感情が全面に出ますが、後者は嬉しいかもしれないし残念かもしれない。要するに感情が分からないので状況も把握できません。もし気持ちを伝えたいのなら前者を使うべきです。

中国での生活

 今日は朝10時半より運動場にてサッカーの試合! 私たちの外国語学院がいよいよ勝つのではないかということで、私も応援に行ってきました。

 いよいよ勝つと言ったのは、実は外国語学院は全ての学院の中でビリを争うレベルだからあり、唯一勝てる可能性が高い相手が最弱と言われている音楽学院、今日の相手だからです。弱い理由としては、外国語学院も音楽学院も共に男性が少ないことから端を発しています。昨年度最下位は音楽学院、下から2番目が我々外国語学院でしたから、今日はビリ回避のためにも絶対に勝っておきたい試合というわけですね!

 午前ながら30度に達しそうな気温の中、90分頑張り抜いた男子学生たちに拍手です。結果としては2:0で勝利でき、応援に来たかいがありましたね。