私の教案!

 教案ではないんですが、教師として学生をまとめ上げるに当たって私なりによくやることを書こうと思います。もしかしたら他の日本語教師の方々にもきっと役に立つのではないかと思っています。

 ① 私の目を見て!

 「コレを読んでください。誰か読みたい人、自信があるよって人はいますかー?」なんていう類の言葉はよく使いませんか? こんな時、すぐ答えてくれるクラスだったら問題ないんですが、読みたいけど挙手できない人もいれば、本当に自信が無くてみんなダンマリすることも、あるいはクラス全体の元気がなかったりして反応自体がないこともありますよね。こんな時、シーンとした中でいたずらに待って空気を悪くしてもしょうがないので、ある程度いいタイミングで私はこう言うようにしています。

 「はい、みんな! 私の目を見て!」

 目的は、全員の目と目を合わせて自信がありそうな人を探すためです。自信があるよっていう人の目はキラキラしてるので、そういう状態だったら理由は十分。その人に読んでもらいましょう! これが中々効果抜群なんですよね。悪い空気を一瞬でまいて、しかも笑顔も生まれますから。何回もやると学生も学習してきて、本当に自信がない人はその表情や仕草に現れてきます。そんな人にはあえて覗き込んでドキッとさせたりするとまた盛り上がります!
 コツは、あんまりやりすぎない事。ここぞ!という時にだけやったほうがいいと思います。私も正直2週間に1回やるかどうか頻度です。ぜひお試しください!

 ② 漢字が分からないフリをする

 授業中一切板書をしないなんてことはほぼありません。漢字を書く機会も多いでしょう。そんなときに使える、学生を惹きつける小技のようなものです。
 私は日本語教師でありながらも漢字をしょっちゅう忘れがちで、以前まではいつも電子辞書を授業に持ち込んでました。当初は分からなくなったらすぐ調べていたんですが、ある時たまたま電子辞書を忘れたときに「宮崎ハヤオのハヤオってどう書くんだっけ?」と学生に聞いたのです。そしたら学生は「左は馬、右上はム・・・」という具合に口頭で教えてくれました。この時パッと閃きました。

 こんな些細なことでも質問することによってそこに会話が生まれるし、漢字が思い出せないという状況は、漢字しか使わない中国人のプライドを上手に揺さぶることができます。毎回反応は上々です。それ以来、本当に分からない漢字は当然ながら、効果的なタイミングでわざと分からないフリをしたりするようになりました。先に学生に聞くため、電子辞書は学生も分からないときのための最終兵器となりました。

 漢字が分からないというのは日本語教師としてあるまじき事かと思いますが、私はすでにそういう気負いは捨てました。インフォメーションギャップの問題で、時に何も知らないフリをするほうが授業をスムーズに進めやすくなります。

日本語教師のお仕事

 夏休みが近くなってきました! そろそろ飛行機の券を買おうかなあという時期に差し掛かってきて、今まで考えもしなかった帰国の二文字が頻繁に頭をよぎるようになってます。日本語教師という仕事は夏休みが2か月、冬休みは1か月もある幸せな仕事です! 授業の準備は別とはいえ仕事という仕事は完全に無くなりますので、この点が非常に魅力的なところですね。

 残すところあと2回の授業。とりわけ最後の授業は印象に残るようなことをして夏休みに繋げたいと考えてます。何をしようかとずっと頭を悩ませてますが、先ほど結構良い案が思い浮かんだんです。みんなで記念撮影! なんてどうかなーと。 思い返せば皆で写真に収まったことはないような気がします。今学期もあと2週間ちょっとですから、9月進級する前に思い出を作っておきたい。今私が一番したいことです。

1年生後期会話

 最近1年生から聞こえてきた悲鳴。被动态、使役态、使役被动态という難しい部分を1週間で詰め込まれて困っているというものでした。重要な部分ですからじっくり復習してほしいということで、私の授業で確実に定着させるべく楽しめる教案を考えました。この授業、反応がとても良かったので紹介したいと思います。

 まずは動詞の受身形の作り方を説明して、例文から全体像を掴んでもらいます。
 「私は 彼を 殴ります」→「彼は 私に(から) 殴られます」
 「私は 彼に 数学を 教えます」→「彼は 私に(から) 数学を 教えられます」

 インターネットから拾ってきた50枚近くの写真をあらかじめ用意しておき、その後はプロジェクターを使って学生に写真を見せました。ルールは単純で、写真を見て好きな受身形を作ってもらいます。例えば「鳥が魚を捕食する画像」から「魚が鳥に食べられる。」などと言った具合。何枚かの写真で練習させて雰囲気を掴んだところで開始。一人ずつ当てて受身文を作ってもらいます。

 大体一人3回ずつ答えてもらいました。選んだ写真が面白かったおかげか、授業中ずっと飽きる事なく集中してくれてとても良かったと思います。また、写真によってはいくつかの言い方が存在するので、そこは随時補足しながらでも良いと思いますが、テンポよく写真を入れ替えて進行するのも飽きさせないためには重要です。