平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題2(2)解説

 平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題2(2)の問題は以下。
 【部屋にごみが落としている。】

 自動詞「落ちる」の活用形「落ちている」を使うべきところを、他動詞「落とす」の活用形「落としている」を使ってしまう誤用は自他の混同です。

 1 「掛かる」が「掛ける」になるのは自他の混同です。
 2 イ音便化しない誤用
 3 「入る」が「入れる」になるのは自他の混同です。
 4 「破れる」が「破る」になるのは自他の混同です。

 2は本来「置かれている」と言うべきところを「置きている」と言ってしまう誤用です。
 まず「置く」のて形は「置いて」ですので、イ音便化されていない点が間違いです。
 さらに、イ音便化して「置いている」としても文は成り立ちません。このような場合は「置かれている」と受身形を使うべきです。

 したがって答えは2です。





平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説