平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(10)解説

 平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(10)は【漢語の構造】の問題です。

 複合語の構造は大きく2つに分けられます。
 「朝日」「村人」「草笛」のように成分同士が対等でなく、一方がもう一方に従属しているものは従属関係です。
 「草木」「紅白」「低下」のように成分同士が対等の関係にあるものは並列関係です。

 1 従属関係:力が無い
 2 従属関係:音が高い
 3 従属関係:額が多い
 4 従属関係:数が少ない
 5 並列関係:「低」と「下」

 1~4は従属関係です。前項を動詞、後項を名詞と見なせば、2つの成分の間には修飾構造があります。
 5は並列関係です。似た意味のものを並べています。
 したがって答えは5です。

 参考:形態、音素、語構成、語彙まとめ | 毎日のんびり日本語教師 - 複合語 (compound word)