平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(3)解説

 接辞 (affix)とは、単独で語になることができず、他の形態素について語基の品詞を変えたり、文法的な機能を担うもののこと。語基につく位置によって接頭辞と接尾辞に分けられ、性質によって派生接辞と屈折接辞に分けられる。

 接尾辞 (suffix)とは、接辞のうち、他の語基の後ろにつくもの。

 問題の接尾辞に何か単語を付加したときに品詞が変化するかどうかを見てみます。

 1 欲しい(形) → 欲しがる(動)
 2 君(名) → 君たち(名)
 3 美しい(形) → 美しさ(名)
 4 丸い(形) → 丸める(動)
 5 建設(サ変/名) → 建設的(形動/名)

 2だけ接尾辞を付加しても品詞が変化しませんでした。それ以外は接尾辞の付加に伴い品詞が変化しています。
 したがって答えは2です。