平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(6)解説

平成29年度, 日本語教育能力検定試験

 平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(6)は【派生語の語構成】の問題です。

 派生語とは本来独立した一つの単語であったものに、接辞などが付いたり語形が変化したりして、別の一語となったもののことです。
 全ての選択肢に職業を表す接尾辞がありますが、その関係を細かく見ていきます。

 1は「栄養する人(?)」
 2は「調査する人」
 3は「審査する人」
 4は「依頼する人」
 5は「看護する人」

 1以外は職業を表す接尾辞の代わりに「~する人」が使えます。1はそれができません。
 したがって答えは1です。