平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(6)解説

 派生語とは、2つ以上の形態素からなる合成語のうち、自由形態素と拘束形態素からなる語のこと。「お金」「楽しさ」「春めく」「熱っぽい」「客観性」「白さ」「青み」「再出発」「自己流」など。

 1 栄養する人(?)
 2 調査する人
 3 審査する人
 4 依頼する人
 5 看護する人

 1以外は職業を表す接尾辞の代わりに「~する人」が使えます。1はそれができません。
 したがって答えは1です。





平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説