平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(4)解説

 漢字の成り立ちといえば六書です。六書は4つの造字の原理と、2つの運用の原理からなります。

象形文字 もともとの形を絵で表した漢字。象、山、大、木、日、月、川など。
指事文字 位置や状態などの抽象的概念を線や点で表した漢字。一、二、三、上、下、足など。
形声文字 意味を表す記号と音を表す記号を組み合わせて作った漢字。晴、河、江、空、校など。
会意文字 象形文字と指事文字で作られた感じを組み合わせて作った漢字。林、炎、男、休、見など。
転注文字 本来の意味から転じた意味で使われている漢字。楽、長、悪など。
仮借文字 同音あるいは似た音の漢字を借りて当て字として使っている漢字。露西亜、珈琲、亜細亜、印度など。

 1 象形文字
 2 象形文字
 3 象形文字
 4 象形文字
 5 会意文字

 したがって答えは5です。

 参考:漢字の成り立ちについて(六書)





平成29年度, 日本語教育能力検定試験 解説