【N3文法】~たつもりで

N3文法, 日本語の文法

説明

接続

 動た形+つもりで
 

意味

 就当是…
 认为是…
 就算是…
 当做…一样
 

解説

 事実は異なるが、そのように見なして何かをすることを表す文法です。
 「~したと見なして(就看做是)」「~したと考えて(就认为是
)」「~したと仮定して(就假定是)」「~した気になって」などに言い換えることができます。

 「死んだつもりで」は慣用表現で強い決心を表します。
 

例文

 (1) 子供になったつもりで考えてみると、意外と良い案が思い浮かぶこともある。
 (2) 哲学者になったつもりで人生について語る。
 (3) 先生になったつもりで説明してみよう。
 (4) 相手の立場になったつもりで、よく考えてから発言することが重要だ。
 (5) 死んだつもりで頑張ろう。

 

備考

 似ている文法「~たことにする/たこととする
 似ている文法「~たことになる/たこととなる

N3文法, 日本語の文法