次の1年はいよいよ正念場

日本語教師のお仕事

 学期末で忙しく更新が滞っていました。
 落ち着きましたら色々まとめていきたいと思います。

 さて、契約は先週無事更新してあと1年ここにいる事ができるようになりました。当時初めて迎え入れた1年生の卒業を見るという夢が叶うことになり本当に嬉しいです。しかし次の契約はどうかと言われると私も疑問です。

 昨日主任と電話で話をしました。
 私はあと1年ここにいることになったのですが、6年目の契約は取れるかどうか分からないので、もし無理そうであれば早めに主任に教えることとなりました。早めに教えなければ次の先生を招き入れるのに数か月かかってしまうため、新学期に間に合わなければ学生の単位の問題などにも発展するからです。

 電話ですが面と向かってこのような話をすることになるとは、予想以上に随分精神的に来ます。
 この学校に愛着はありますし、色んな先生と仲良くなってこれからもやっていける自信がつきました。だからこそこういう話はしたくなったんです。
 でも契約が取れなければ仕方ありませんね。もちろん学校は良いと言ってくれるはずですが、いかんせん6年目以降の契約は学校の問題ではなく省や教育部が決めた規則の問題ですから…。
 というわけで5年ここで勤め上げることは叶えられそうですが、6年目は居れるかどうか分からない以上、転職活動もちょこちょこしていく必要もありそうです。もし居れるようであれば転職先を蹴ればいいだけの話ですので。

日本語教師のお仕事

Posted by そうじ