【第6課】存在文、所在文、位置②

1年生前期会話

 第6回目の授業です。
 今回は「います」を勉強します。

 まずは復習から。
 先週宿題にした会話文をもう一度復唱、そしてカバンや水やスマホを使って位置の練習を何度も繰り返します。
 とにかくたくさん発話させます。

 あとはプリントに従って進みます。
 例文を読ませて厳しく発音を訂正。
 「~は~にいます」「~に~がいます」「~はどこにいますか?」と3つの文型を導入します。
 文字に起こして説明するとこんなものですが、ここまでで60分くらいかけました。
 ついでに「あります」と「います」の違いについても簡単に説明するといいです。

 最後に実践的な練習を。
 教壇に4人~5人くらい呼んで、一列に並ばせます。
 まずは一人ひとりの名前を確認し、「〇〇さんはどこにいますか?」と聞きます。
 目標は「〇〇さんは、△△さんの右にいます。」などと、位置を正しく言えることです。
 右、左、隣、近くなど、正しく言えれば何でもいいです。
 教壇の数人の向きを変えると、後ろ、前などの位置も練習できます。

 それが終わったら今週の宿題。p33の前文としました。
 まずは私が一文ずつ読んで復唱させ、その後は数人に読ませて発音訂正。

この辺りは学園都市です。学園都市には色々な大学があります。キャンパスはみんな新しいです。
ここは私たちの大学です。この高い建物は図書館です。その建物は閲覧室です。あの建物は大学のゲストハウスです。
学生は朝は教室にいます。午後は閲覧室にいます。夜は寮にいます。大学には広場があります。広場には池があります。池の中には綺麗な金魚がいます。
学園都市には地下鉄の駅があります。交通はとても便利です。

 学園都市の撥音「ん」も1拍ですが、1拍分の時間がない学生が多かったです。
 寮、教室などの長音には常に注意させます。
 文末の「~す」は常に軽く発音させます。
 金魚の「ぎょ」は鼻濁音で。

 大体この辺りを注意させました。

 今回は以上です。

1年生前期会話

Posted by そうじ