【N3文法】~てはじめて/てみてはじめて

2018年10月26日文法

説明

接続

 動て形+はじめて
 動て形+みてはじめて
 

意味

 …以后,才…
 在…之后才…
 ~してからやっと~する
 

解説

 前項には何らかの経験を述べ、後項ではその経験を通してようやく気付いたことや、今まで注意していなかったことに気付いたことを述べます。
 多くの場合、後項では「分かる」「知る」「できる」などの動詞が用いられます。
 

例文

 (1) 今まで好きっていう感情がよく分からなかったけど、彼に出会えてはじめて分かったような気がする。
 (2) 指摘されてはじめて間違いに気づいた。
 (3) 実家を離れてはじめて親のありがたみを知った。
 (4) 子育ての大変さって、やってみてはじめてわかる。
 (5) 飼ってみてはじめて自分が猫アレルギーだと気づいた。
 (6) 日本に来てはじめて本物のお寿司を食べた。
 (7) 日本に来て、はじめて本物のお寿司を食べた。
 

備考

 例文(6)の「はじめて(第一次)」は文法とは関係のない一般的な用法で、最初の経験について述べています。
 この時、「はじめて」の前に読点が打たれたりします。(7)
 
 

文法

Posted by そうじ