【第9課】学歴は必要か②

スピーチと弁論

 ディベートの授業です。
 1年前の内容は【第9課】学歴は必要かに、今年の内容はここにまとめています。
 テーマは同じなので、教案のところには「②」としてまとめておきます。

 「学歴は必要か」というテーマを与えると、賛成側は当然必要で、反対側は必ず「能力」で対抗してきます。これ以外の反対派の意見は今までありませんでした。

 今回出た意見をまとめます。

学歴派の意見

 ・学歴は職場の通行証
 ・今の社会は学歴社会
 ・学歴は明らかで、能力は見えないもの
 ・もし学歴があるなら、知識の蓄積もあると言える
 ・能力は抽象的な概念で、学歴は客観的な現実だ
 ・高学歴はお金を稼ぐための一番の近道

 

能力派の意見

 ・学歴は能力を示す条件の一つ
 ・名門大学にも何もできない人もいる
 ・学歴は人の知識と学力のみを証明するもの
 ・(中国では)学歴はお金で買える。一方能力はお金で買えない。
 ・最後は能力で評価が決まる
 ・能力がなければどのようにして学歴を高められるだろうか
 ・学歴だけを見る面接官は無能ではないか
 ・能力が高い人はどこでも成功できる。会社の中だけではない。

 
 能力派からも鋭い質問がありました。
 「私たちは大学に入って同じクラスになりました。1年生のとき、このクラスの班長を一人選びます。私たちの学歴は同じですが、どうしてあなたが選ばれましたか? それは能力が高いからではないでしょうか?
 これには学歴派についていた班長もたじろいでました。
 これに対する良い反論ができなかったことで形勢を損なった感じがします。

 また、学歴側からの「博士と大卒どちらを選ぶか」という問いに対し、能力派側は「博士は専門職、大卒は一般職に就くので比べる意味がない」と反論。
 このように「このような状態のときどちらを選ぶか」という質問は討論において必ず否定されるので、今後この辺りを意識させる必要がありそうです。

 以上です。

スピーチと弁論

Posted by そうじ