【第11課】2年後の自分への手紙

作文

 第11回目の作文です。

 今回で最後の授業となりましたが、数えてみると11回しかやってないんですね。確か15回くらいはやらなきゃいけないとかそんなルールがあったかと思うんですけど補講もせず放置してます。
 まあこの3年特に何も言われないのでそのあたりは厳しくないんでしょう。

 まずはいつも通り前回までの課題の返却と訂正作業。
 そして本題。

 今回は最後ですから今まで真面目に書いてきた作文から遠く離れ、2年後の自分へ手紙を書いてもらいました。
 2年後というと今の2年生がちょうど卒業するときです。
 今ちょうど4年生が卒業シーズンを迎えてあちこちで写真を撮ってまわってるのを見ると実感が湧いてくるかもしれません。

 手紙ですからそこら辺にあるような紙に書いても雰囲気出ません。
 そこで学生におつかいしてもらって、綺麗な便箋と封筒を人数よりも多めに買ってきてもらいました。
 2年生は27人ですが、それぞれ多めに用意して50元程度。私が負担しました。

 綺麗な便箋があると本気で書こうという気も出てくるはずです。
 案の定30~40分くらいめっちゃ集中して必死に書いていました。

 書き終わったら各自封筒に入れてしっかりのりで封をしてもらいました。
 他人が絶対に見ることができないようにしておくことで、手紙の内容の質が高まります。

 これは学生に書いてもらった手紙たちです。結構分厚いです。
 ちなみに私も便乗して書きました。2年後開けるのを楽しみにしています!

 なお、万が一彼らが卒業するときに私がこの大学に居なければ、これを主任に託すつもりです。
 でもそんなことが無いように、必ず私の手から返却したいです。

 以上、第11回目の作文でした。

作文

Posted by そうじ