【第8課】道に人が倒れていたらどうする?

2年生後期会話

 第8回目のテーマは「道に人が倒れていたらどうする?」です。

 この質問を聞くと助ける以外に何があるのかと考えたくなるかもしれませんが、中国では必ずしもそうではありません。

 遡ること2006年、南京市のバス停で転んでしまったおばあさんを助けてあげた青年が訴えられてしまった事件。おばあさんは「彼にやられた」と供述していました。彼は無罪を主張するも結局治療費を払うことになりました。これを南京彭宇案と言います。

 他にも親切にも転んだおばあさんを助けた外国人に言いがかりをつけて金をせしめたり、最近では車にひかれた2歳の女の子が通行人に見て見ぬふりをされて、結局再びひかれて死んでしまう事件もありました。

 中国では倒れている人を助けてはいけないという考え方が広く浸透しています。これはその南京彭宇案で裁判所が出した判決が引き起こしたと言ってもいいかもしれません。

 このテーマを選んだ理由はまさにこの社会問題に対してどう思うかと学生に聞いてみたくなったから。
 ちょっと重いテーマですけど、ディスカッションのしがいがある内容ですね。

 とりあえず自由に一人ひとり考えてもらいました。
 5分くらい。

 まずは一人ひとりの意見発表。
 すぐ助けに行くが2名、まず救急車を呼んでから助けに行くが4名、救急車を呼ぶだけが6名。無視する学生はいませんでした。

 今回は意見によってグループを組み、それぞれの意見を主張してもらいます。
 休み時間もかねて考える時間を20分与えました。

 各グループの回答です。

 Aグループ
  ①人間にとって、善を持っていることは一番重要です。
  ②老人は弱いグループです。
  ③もし自分の両親が倒れたら、人々に助けてもらえるほうがいい。
  ④国民は以前のその事件に対して反省しました。
  ⑤知識がありません。電話をした後で医者に教えます。

 このグループは条件付きで助けるというもの。
 救命処置に関する知識がないので助けられない。だからまず救急車を呼ぶ。
 応急処置に失敗して死んでしまったら自分の責任になってしまうのは回避しなければならない。

 Bグループ
  ①事態は一刻を争う
  ②助けられるなら助ける
  ③助けることは幸せなこと
  ④状況によって異なる

 このグループは真っ先に助けにいくことを選びました。
 事態は一刻を争うので迷っている時間はなく、まず自分が近寄って状況を確認。
 重篤だと判断すれば救急車を呼びます。

 Cグループ
  ①人を助けることを教えられていない。
  ②今の現実では老人は信用もない。
  ③自分が冤罪だということを証明する人はいない。
  ④もし冤罪になったら家族にも影響する。

 このグループは助けない事を選びました。とにかく濡れ衣を着せられることを避けたいと言っていました。

 
 ディスカッションでは鋭い質問が飛び交いました。特に助けないCグループに対しての質問です。
 ・電話だけして助けないというが、状態も見ないでなぜ電話だけするのか。
 ・もし自分の家族が倒れたときに通行人が無視したらどう思うか。
 ・あなたが助けなかったことで死んでしまうと責任があるはずだ。
 …

 しかしCグループも切り返しがうまく
 ・助けないことは本当に悪いことか。
 ・良くも悪くも私と関係ないことに自分から行く必要はない。
 ・私たちは助けないとは言っていない。電話はしている。
 …

 こういうやり取りが50分続きました。
 結局ディスカッションが終わらないまま授業が終わってしまい今回も消化不良。かなりの白熱でもっと聞きたかったです。

 数を重ねるごとに時間が伸びてきているので、時間配分を来週以降調整したいと思います。

 以上、第8回目でした。

2年生後期会話

Posted by そうじ