百事最强音は歌の甲子園みたい

 昨日話をした百事最强音、今日ちょうど予選が行われていました。
 今日5月11日に1回目の予選、来週5月18日に2回目、そして5月25日に決勝です。

 食堂の前にある大きな広場にはたくさんの観衆がいて、遠くまでその声が響いていました。
 2度の予選を勝ち抜いてきた学生が最後25日に行われる決勝で渾身の一曲を披露することになります。

 話によると、ここ廊坊市にある全ての大学からの参加者が集まってその歌声を競うそうです。
 25日に1位になった人は賞金1000元。
 これは主催である中国のペプシ社から支払われます。

 1位の学生は次に河北省大会に参加。
 それを勝ち抜いたら中国全土の大会となり、最終的に最も歌唱力のある大学生を決めます。

 なんか日本の甲子園みたいで面白いですね!
 こうやって勝ち上がってきたのは正真正銘ですからきっと歌手になったりするのかな。

 そして私はちょうど2週間後のこの時、ここでバンド演奏することとなっています!
 今日見に行ったのはその視察のためでもあります。

 5人ステージにあがるとちょっと狭いかなーとか、当日機材はどうするんだろうとか。
 隣に大会実行委員の学生を呼んでいろいろ相談しました。

 今私たちが練習しているところに置いてあるアンプはもう音が死んでて使い物になりません。
 当日それを使うことになれば相当困ったもんなので、どうにか良いアンプどこからか借りられないかってのも問題。
 こればかりは外国人私一人ではどうにもなりませんから、この2週間前から話を通しておかないと間にあわなくなっては困ります…。

 今は授業なんかよりもこっちが気になって夜も眠れないというか。
 血湧き肉躍るとはこのことです!





中国での生活