月で遭難したらどうしよう! NASAゲーム

教案, 日本語コーナー

 チームで話し合いながら一つの結論を導き出すことを目的としたゲームをコンセンサスゲームと言います。NASAゲームはこのお互いのコンセンサス(合意形成)が求められるゲームで、企業の新人研修などでも用いられているようです。

 今回はこのNASAゲームを教室でもやってみようという試みです。

 

NASAゲーム

 まず、参考にしたサイトはこちらの2つです。
 ・グループワークで使えるNASAゲームのやり方
 ・コンセンサスゲーム宇宙(NASA)の回答

 NASAゲームを簡単に説明するとこんな感じになります。

 数人乗せた宇宙船が月面に不時着し機体は破損。母船から320km地点に降り立ちました。
 宇宙飛行士たちに残されたのは破損を免れた15のアイテムで、これらを使って母船へと辿り着くことが目的です。
 まずは皆で話し合い、このアイテムを優先度・重要度の高い順に順位をつけましょう。
 (15のアイテムは上記URL参照)

 このゲームの面白いところは、NASAの模範解答が用意されていることです。
 0~25点は最優秀、26~32点は優秀、33~45点は良、46~55点は可、56点~70点は不可。点数は自分の答えとNASAの答えの優先度の差をアイテムごとに求め、全て足し合わせて求めます
 自分の答えと比較することができ、宇宙飛行士の素質があるかどうかも分かるというわけですね。

 

実際にやってみた結果

必要なもの プリント
かかる時間 1時間くらい
人数 グループに分けるので大人数でも可

 実際に授業で使ったpdfを置いておきます。
 NASAゲーム問題.pdf
 NASAゲーム回答.pdf

 まずは10分くらい個人で考えてみて、その後はグループで20分話し合いました。このグループでの20分は恐ろしいくらい意見がぶつかっていました。これが本当に月面だったらみんな死んでるかもしれないというくらいの白熱ぶりです。

 グループ発表では黒板に1から15までの順位を書いてもらって、その理由について述べてもらいます。上位の物がなぜ必要か、下位の物はなぜ不必要か説明するのも日本語を学ぶ良い機会です。

 発表では「〇〇さんによれば~だそうです。」みたいな言い方もあり、話し合った末誰かが妥協した様子も垣間見えます。これがコンセンサスゲームの良いところですね。

 そしてこれが各グループの回答と結果です。

 

 なんと、22点の最優秀となったグループがありました! 本当に驚きです。

 実際コンセンサスゲームはディスカッション的な要素もありますし、お互いに意見をすり合わせるためアイスブレイク的な使い方もできます。発表では日本語を使うことになりますので、参加者にとっても有意義な時間になるはずです。

 ぜひ試してみてください。