教師が見る悪夢

日本語教師のお仕事

 仕事で失敗する夢は誰しも見たことがあるかと思いますが、特に教師だと「授業で大失敗する夢」がそれに相当するだろうと思われます。
 特に私は授業は「面白さ」を最も重視していますので、いわゆるドすべりした授業の夢は最も辛いです。

 そして昨晩、なんと夢の中の授業でドすべりしました。
 もうそれはそれは冷や汗もんです。

 教室には100名以上の学生がいました。
 夢の中では昨晩準備していた授業の内容をやっています。

 私はパワポを使っているのですが、教室が大きすぎてスライドの文字が小さく見えません。
 それによって学生は白け出し、教室は静寂に包まれてしまいました。

 
 目覚めてからすぐその内容を再確認しました。
 夢と同じあの事態はどうしても回避しなければいけないからです。

 しかし授業前に想定できることは案外限られています。
 学生の状況によってはどう転がっていくかは神のみぞ知るところ。
 今の私がすべりようがないと思っていても、実際その時どうなるかなんてわからないものですからね。

 時々夢がこうやって警鐘を鳴らしてくれるのはありがたいことです。
 慣れてくると慢心してしまいますので。

日本語教師のお仕事

Posted by そうじ