【第14課】貧困の連鎖と時間選好

 今回はかなり力を入れて授業をしました。テーマは「貧困」です。

 本来のテーマは「一人当たりのGDPを高める」なんですが、お金持ちはどんどんお金持ちになっていき、貧乏人はどんどん貧乏人になっていく構図の中で、やはり貧困層に着目するべきだと思います。

 貧困層から脱出させるためにすべきこと。
 それがこの課の核となります。

 ➀貧乏な人の特徴は?
 数人のグループになって特徴を考えてもらいます。
 それを黒板に書いてもらいましょう。
 だいたい10分くらい考えました。

 ➁学力と世帯収入は正比例する。
 ここからはパワポを使います。
 一つひとつ根拠を提示していきます。

 ➂学歴と生涯賃金は正比例する。

 ➃貧困は遺伝する
 したがって貧困は親から子へ遺伝しやすいです。
 絶対ではありませんが、貧乏な人は親も貧乏であると言えます。

 ➄異時点間選択
 今1000元もらうか、明日1000元もらうか
 今1000元もらうか、一年後2000元もらうか
 などを考えていきます。
 今もらう人は時間選好率が高く、後にもらう人は低いです。

 ➅貯金額と時間選好率は反比例する。
 これも根拠を示し説明します。

 ➆社会的成功率と時間選好率は反比例する。
 有名な心理実験「マシュマロ実験」です。
 マシュマロ実験で長い時間食べず我慢できた子供は、その後の追跡調査で社会的成功しているケースが多かったという結果があります。

 ➇時間選好率が高いと貧困になりやすい
 つまり貧乏な人は時間選好率が高い傾向があると言えます。

 ➈貧困層をどうやって助ける?
 貧乏な人は貧困を遺伝で受け継いでいて、時間選好率が高い。
 このような人達をどのように助けるか。

 貧困層は学力も学歴も低い傾向がありますので、教育無償化というのは一つ現実的な策です。
 特に高校、大学の教育を指します。

 ➉余談
 アフリカ人への支援
 高校進学率、大学進学率
 政策の効用
 資本主義、共産主義、社会主義

 
 以上のような流れでした
 文字にすると分かりにくいのですが、一応来年のためにまとめておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。