ゲーム「漢字の画数ゲーム」

 昨晩漢字の画数でゲームができるんじゃないかと閃いたんですが、調べてみたら既にありました。
 そう簡単にユニークなものは生まれないですよねー。

 でも一応参考になるかと思いますのでここでも紹介します。

画数ゲーム

 2つ以上のグループに分けます。
 同時に黒板もその数に応じてスペースを分けます。

 「4画の漢字」であれば、それぞれのグループが4画で構成される漢字を黒板に書きだしていきます。
 時間は5分くらいがいいと思います。
 辞書や携帯などは一切禁止です。

 例えば漢字の「口」は本来3画ですが、書きようによっては1画で書くこともできます。
 漢字圏の学生だと本来の書き順を学ばせる必要も薄いので、こういうのは発想の勝利として正解にしてもいいかもしれません。
 そこは教師の判断ということで。

 また重要なことは「日本語の漢字」を使うか、それとも「日中の漢字」を使うかをあらかじめ決めておくこと。
 日本語学習ですから中国語の漢字での回答は控えたいところです。

 時間が来たら集計。
 たくさん書いたチームが勝ちです。

 
 
 漢字の画数一覧のサイトはこちらです。
 ⇒常用漢字一覧(画数別)

 このゲームは日本語学習の中でも非漢字圏学習者に対して用いられることがあるそうです。
 ですからあまり難しくない小学校一、二年生レベルの漢字でやったりするようなんですが、中国には漢字のプロがたくさんいますので、ちょっとくらい難しいのでも問題ないですね。

 見た感じだと5~8画の漢字がそれぞれ100種類ほどので出題には適しているかと思います。
 ですから3画や4画の漢字でルール説明するといいでしょう。
 また部首ゲームと同じく、グループごとに違う画数で出題するのもいいかもしれません。

 試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。