【第11課】安定と挑戦、どっちが重要か

 第11回目のテーマは「安定と挑戦、どっちが重要か」。
 学期末に向けて徐々に難しいテーマへと移行していくつもりです。
 今回も抽象的なテーマですが、討論内容は様々な分野に派生しました。

 今回は初めて「定義」という部分に踏み込みました。
 討論するうえで、まず安定の定義は何か、挑戦の定義は何かを明らかにすることが必要です。
 定義は各グループでわずかに違うんですが、そこを上手に折り合いをつけながら進めたり、ときには定義自体に反論したりするのも見られました。

 【挑戦派】
 ・安定は現状維持である。現状維持は後退を意味する。
 ・挑戦の定義は「自分の能力を向上するために行うこと」である。
 ・挑戦は安定の基礎
 ・挑戦の結果成功すればいいが、失敗もその分進歩できる。
 ・人の欲望には限りがないので、挑戦は必然的だ。
 ・挑戦することで、よりよい安定を得られる。
 ・挑戦しなければ失敗のチャンスもない。
 ・毎日同じことをしているような安定の時間は、人生においてもったいない。
 ・未来の快適さを実現するために挑戦しなければならない。
 ・原始生活は常に挑戦的だった。
 ・安定を求めようとすれば必然的に挑戦に出くわす。

 【安定派】
 ・国家の繁栄には安定が必要不可欠。
 ・挑戦にはリスクが多すぎる。
 ・安定は挑戦の基礎
 ・挑戦するチャンスを得るためには、安定であることが条件である
 ・失敗したら死ぬかもしれない。
 ・安定は進歩しないということではない。少しずつ成長している。
 ・国境防衛は安定が必要だ。
 ・安定は死を待ち、挑戦は死を探す行為だ。
 ・挑戦は、先生が以前言った「自分の利益ばかり考えるとみんな損をする」という考え方に反する。
 ・安定は平和、挑戦は戦争。
 
 
 最初は個々人の安定・挑戦についてイメージしていたんですが、討論を開始してみると治安、社会、国家、家族、戦争、人生など、話がどんどん展開していきました。

 授業の終わりに学生から聞いたんですが、どちらを好むかは年齢によって違うかもしれません。
 確かにお年寄りは安定を好みやすい傾向があると思います。
 人それぞれの考え方が聞けていいディベートになりました。

 以上、11回目のディベートでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。