【第6課】最後通牒ゲーム

 第六回の日本経済の授業。
 今回は日本の税制についてです。

 いつか見た事のあるオイコノミアの内容を参考にしまして、今回も席を移動させたりしてアクティブな授業を心掛けました。

 「税金の意味は何ですか?」
 ・国家運営
 ・軍事
 ・格差解消

 「成功に必要なのは運か努力か」
 スピーチのテーマみたいな悩む2択なんですが、今回は日本経済なので数分考えてもらって答えを出してもらいます。
 運は10人、努力は8人で拮抗。

 「最近何か良い事ありましたか?」
 答えの内容によって、内的要因と外的要因にグループ分けし、席を移動してもらいます。
 内的要因は才能や努力によるもので、外的要因は運や偶然によるものです。
 例えば「天気が良かった」というのは自分の努力や才能の範疇ではないので、外的要因です。

 このグループの中で最後通牒ゲームをします。

 ルールは以下。
 ・2人1組になり、1人は提案者、もう一つは回答者になる。
 ・2人で1000元を分け合う。
 ・提案者は、その1000元をいくらで分け合うか決める。
 ・回答者は、その提案に賛成、反対する。
 ・賛成した場合は、その金額を受け取る。
 ・反対した場合は、2人とも0元。

 このゲームをやってもらったり、そのゲームをする意図を考えてもらったりする時間を十分に与えます。5分~10分程度でした。

 各グループにどのくらいの金額を分け合いましたかと聞いたところ、やはり内的要因のグループより外的要因のほうが幾分か多かったです。
 実際最近良い事について内的要因を述べたグループ(利己的)は、外的要因を述べたグループ(利他的)よりも寄付額が25%も少ないという実験結果もあり、それをクラスの中でも実証できました。

 結論ですが、運のおかげで成功したと思う(利他的な)人が増えれば、税金や寄付も増えます。
 ここで用意した税制のパワポ30分くらいやり、最後のまとめ。

 最初質問に戻り、「税金の意味は何ですか?」
 今日言いたい事は「富の再分配」でした。

 最後時間が余ったので、100元札の大きさを書かせるという心理テスト(?)をしました。
 実際よりも大きめに書いた人は100元の価値を低く評価していて、小さめに書いた人は高く評価していることを表します。
 言い換えれば、「税金の意味は何ですか?」小さく書けばお金を大切に思っていて、大きく書けばお金持ちの考え方ということですね。

 
 今回の反省点としては、最後通牒ゲームのルール説明をもっと十分に行うべきでした。
 来年はここに注意してやりたいと思います。
 それ以外はおおむね問題ありません。

 以上、6回目の日本経済でした。次回は一週間後です。

 【第5課】<<【第6課】>>【第7課】

“【第6課】最後通牒ゲーム” への2件の返信

  1. ピンバック: 【第七課】高齢世代優遇政治 – 毎日のんびり日本語教師

  2. ピンバック: 【第5課】貿易ゲーム – 毎日のんびり日本語教師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。